文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

医療・健康・介護のコラム

受動喫煙防止強化案 反対議員は妊婦や子供の害も考えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 娘の幼稚園が春休みなのでお弁当を作らなくて済み、楽な日々です。連休に仕事で北海道に単身で行ってきたところ、帰ってきてから息子が冷たいです、やっぱり2泊は長かったでしょうか。長い間抱っこしたり見つめたりいろいろしましたが、結局、食べ物をあげるのが一番懐いてくれて、ズッコケました。

 受動喫煙防止 飲食店の原則禁煙は現実的だ

 他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙による健康被害は放置できない。2020年東京五輪に向けて、対策を着実に前進させたい。

 厚生労働省が公表した対策強化案を巡り、自民党内で推進派と慎重派の対立が深まっている。

 厚労省案は、小中高校や医療機関の敷地内すべてと、官公庁などの建物内を全面禁煙とした。飲食店やオフィスは原則禁煙だが、喫煙専用室を設けることは認める。度重なる違反には罰則を科す。

 喫煙室が設置できない小規模な飲食店のうち、主に酒類を提供するバーやスナックに限っては、例外的に喫煙可とする。

 厚労省は法案化を急ぎ、今国会への提出を目指す。

 現在は、健康増進法などに受動喫煙対策の規定があるが、努力義務にとどまる。非喫煙者の3~4割が、職場や飲食店で受動喫煙を強いられている。罰則付きの防止策を導入する意義は大きい。

 飲食店について、自民党の慎重派議員らは、一律禁煙とせず、禁煙、喫煙、分煙の表示を義務づけた上で、各店舗の判断に委ねるよう主張している。

 この手法では、喫煙できる店で働くスタッフの受動喫煙は解消されない。上司や取引先に誘われ、入店を断れないケースも想定されよう。厚労省案が原則禁煙としたのは、現実的な判断だ。

(読売新聞社説より一部引用 2017年03月14日付朝刊)

 先週の読売新聞社説です。健康増進法の受動喫煙防止対策の強化案について与党内で対立が深まっているようです。厚労省の改正案は施設に応じて原則禁煙とし、罰則規定を設けたものであったのに対し、自民党たばこ議連が出した対案は、喫煙をたのしむことは憲法で定められた幸福追求権だとし、飲食店は禁煙・分煙・喫煙のうちから選んで表示を義務化すればよいと言う内容でした。

 読売新聞の社説でも触れられており、また、塩崎厚労大臣も指摘しているように、この案では飲食店の従業員の健康は守られません。

妊娠中の喫煙・受動喫煙にはこれだけの害が

受動喫煙防止強化案 反対議員は妊婦や子供の害も考えて

家に階段がないので遊び場の階段を夢中で登り降りする息子です。

 普段、診療でお会いする妊婦さんたちから不安そうに相談されるのが、飲食店などに勤めていて職場での受動喫煙が気になるということです。妊娠中の喫煙により体内に吸収されたニコチン、一酸化炭素、酸化物質が胎児の脳に影響して乳幼児突然死症候群が増えたり、胎児・胎盤の低酸素状態がもたらされたり、胎盤機能が低下したりして、低出生体重児、早産、早期破水や胎盤早期剥離などが増えます。日常的に受動喫煙をすることがよくないばかりか、妊娠を機に禁煙しようとしているのに受動喫煙がその妨げとなるという声も聞きます。妊娠したことをすぐに職場に報告できて、部署を異動させてもらえるような環境であれば、まだいいのかもしれませんが、飲食店の規模や雇用形態によってはそうはいきません。

「小規模店への影響懸念」への疑問

 原則禁煙となれば小規模の居酒屋などの経営が苦しくなると心配する声があるようですが、飲食店すべてが禁煙になればライバル店に客を取られるということにはならないのではないでしょうか。それに、世の中には喫煙しない人の方が多いのですから、逆に客が増えることになるかもしれません(飲食店なのだから、たばこ目当ての客を見込んだ商売でなく、料理や飲み物の質で勝負してほしいと個人的には思います)。

 他人に煙が届かない状態でたばこを愉しむ権利は守られるべきだと思いますが、自民党のたばこ議連の方々には妊婦や子供たちへの影響を訴えたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

8件 のコメント

コメントを書く

吸うなとは言わないから撒き散らさないで!

タバコアレルギーの妊婦

海外でもアメリカなどでは屋内禁煙、外でも出入口から何メートル以上離れたところで吸うと言うルールもあり、面倒な喫煙者は禁煙したり、やめられなくて噛...

海外でもアメリカなどでは屋内禁煙、外でも出入口から何メートル以上離れたところで吸うと言うルールもあり、面倒な喫煙者は禁煙したり、やめられなくて噛みタバコに乗り換えた人も多いです。アジアや欧州では外での喫煙が多く、オープンカフェや歩道での喫煙が普通ですが、ゆっくり外の空気を吸って爽やかに歩きたいのにぷーんとして来るのも歩行者にとってはかなり迷惑です。
路上での喫煙マナーを守れない人はさておき、ルールを守って吸う人に吸うなとは言いませんが、朝のウォーキングで朝の新鮮な空気を深呼吸をしたり、花の香りを楽しんでいる時にぷーんと煙が来るとかなり迷惑です。
歩きタバコは後ろから走って追い抜くまで本当に迷惑、喫煙者向けの店舗以外での室内喫煙は時代遅れ、外の喫煙所でもその前を通らなければならない構造ならば場所を変えるべきです。

つづきを読む

違反報告

コラムの内容に全面的に賛成です。

しろ子

今でも町に出ると駅やショッピングモール出入り口が喫煙所になっているところが多く、意図せず受動喫煙してしまう時があります。妊活中の身としては本当に...

今でも町に出ると駅やショッピングモール出入り口が喫煙所になっているところが多く、意図せず受動喫煙してしまう時があります。妊活中の身としては本当にやめて欲しいと切実に思います。

たばこを吸う=必ず癌になる訳ではないのですが、確率は上がるので喫煙している人のためにもやめて欲しいです。たばこは麻薬のように依存性があり、喫煙者の方もまた被害者だと思います。個人的には販売を禁止するべきだと思いますが、すぐには難しいのでまずは飲食店の規制から入るのは妥当ではないでしょうか。子供や妊婦・健康を考えて禁煙した人・周囲のことを考えて自宅や喫煙所のみで吸う人、そういった弱い立場の方や周囲に配慮している方が少しでも報われる社会が来ることを願ってやみません。

つづきを読む

違反報告

一言

matthew14507

確かに自民党の対案では甘い気がします。 しかし、飲食店に禁煙、分煙、喫煙と表記する事は前進と思います。 要は客だけではなく、従業員も働く場所を選...

確かに自民党の対案では甘い気がします。
しかし、飲食店に禁煙、分煙、喫煙と表記する事は前進と思います。
要は客だけではなく、従業員も働く場所を選べる訳で、何もかも法律で制限する事には反対です。

上記の表記でわかれば、嫌なら避けられるし、気にしない人もいるでしょう。
あまり極端な事をそれこそ禁止薬物でもないのに法律で雁字搦めにする事が果たして良いのか、
タバコ相手なら何を言っても許されるのか、自由とは何かもう少し深い論議が必要と思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事