文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

カロリー制限、寿命延びるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

サルで実験、病気予防効果

 「腹八分目」は健康に良いと言われる。実際、餌のカロリーを制限すると、酵母や線虫、ハエ、ネズミなどでは寿命が延びることが知られている。しかし、人間に近いサルでは、二つのグループから相反する結果が出て、論争が起きていた。このほど両者がデータを持ち寄って再検討した結果、サルでもカロリー制限は病気の予防などに効果があることがわかった。ただ、人間に応用するには注意も必要だ。

カロリー制限、寿命延びるか

  ■エサの内容で開き

 20年以上にわたってサルの長期観察研究を行ったのは、米ウィスコンシン大学(UW)と米国立老化研究所(NIA)のチーム。UWの研究では、カロリー制限で加齢による病気の発症を抑えられ、寿命が延びると結論づけたのに対して、NIAの研究では明確な違いは見られなかった。

 両者の結論が異なったのは、餌の与え方や内容に違いがあるのが一因だった。

 UWでは、比較のためのカロリー制限しないサルに、いつでも自由に餌を食べさせていた。一方、NIAではカロリー制限しないサルでも餌の量や時間が決められていた。

 餌自体も、UWはショ糖やコーン油など精製された食品が多かったのに対し、NIAは天然食品を使い、UWに比べ、低脂肪、高たんぱく質で食物繊維が多い「健康的」な内容だった。

 NIAで差が出なかったのは、カロリー制限しないサルでも十分に健康的だった可能性がある。

 性別やカロリー制限を始める時期でも違いが見られた。ネズミでは早い時期からカロリー制限をした方が寿命が長いが、NIAのデータでは、中高年期から観察研究を始めたオスで寿命が最も長かった。20頭のうち6頭は、飼育下でそれまでの最高齢とされていた40歳を超えて長生きした。

 がんや糖尿病、白内障、関節炎、骨粗しょう症などの加齢に伴って増える病気などについては、UWでもNIAでも、カロリー制限によって発症が抑えられることも、確認された。特にがんで効果が目立った。

  ■適度な運動とセット

 順天堂大学客員教授(老化生物学)の後藤 佐多良さたろう さんは「サルと人は共通点が多く、人でもカロリー制限は健康寿命を延ばす可能性が示された。ただ人の場合、カロリー制限だけでは骨や筋肉の量が低下する。適度な運動と組み合わせることが大切」と指摘する。

 ネズミなどの実験で、カロリー制限は「サーチュイン」などの長寿遺伝子を活性化すると報告されている。同様の効果は、運動にもある。後藤さんは「ネズミでは、カロリー制限すると餌を探して動きまわるので、相乗効果がある」と話す。

  ■成長期や高齢者注意

 抗加齢医学に詳しい慶応大学教授の坪田一男さんは「寿命自体は延びないかもしれないが、カロリー制限は、早死にを防ぎ、最大寿命に近づける効果が期待できる。ただ、成長期と高齢者は注意が必要。運動不足と食べ過ぎでちょっと太ってきたなと感じる中年層が、カロリー制限するのがちょうどよい」と指摘する。

 成長期のカロリー制限は、必要な成長を妨げる恐れがある。高齢者も特に日本人の場合、低栄養の人が多い。しっかりたんぱく質などをとって身体や認知機能が低下する「フレイル(虚弱)」を防ぐことが大切だ。

 その上で、上手なカロリー制限のポイントとして〈1〉夜遅く食事をしないなど食べるタイミングを考える〈2〉野菜を最初に食べたり、精製されていない食品を選んだりして血糖値が急に上がらないようにする〈3〉栄養バランスを考えて多くの種類の食品をとる〈4〉相乗効果が期待される運動と組み合わせる――を助言する。

 (杉森純)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事