文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

タレント 西川きよしさん

一病息災

[タレント 西川きよしさん]前立腺がん(2)「まだまだ大黒柱」手術即断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 がんの告知はショックだった。ただ、骨や他の臓器への転移は見つからなかった。主治医からは複数の治療法が示された。「ホルモン療法」といって、がん細胞を活性化させる男性ホルモンの分泌を薬で抑える治療もあった。手術をするにしても、半年ぐらい先で大丈夫と言われた。

[タレント 西川きよしさん]前立腺がん(2)「まだまだ大黒柱」手術即断

 しかし、手術を即断した。西川さん一家は息子夫婦ら10人の大所帯。「大黒柱として、まだまだ頑張らないといけませんから」。妻のヘレンさんとも相談し、医師が操作する手術支援ロボット「ダビンチ」を使って前立腺を取り除く手術を選んだ。

 患者のおなかに開けた小さな穴から、内視鏡カメラとロボットアームを入れ、医師が立体画像を見ながら動かす。人間の手の動きより正確で、出血量が少なく回復も早い。2012年4月に保険適用され、国内で急速に広がっている手術法だ。

 昨年1月、5時間に及ぶ手術は無事終わったが、一息つく間もなく、新たな問題が待っていた。

 「チョロチョロと出ていた尿が、前立腺を取ってしまうと、蛇口全開みたいに、ザーッと出てしまうんです」。尿失禁だ。

 前立腺を摘出すると、誰もが経験する。主治医から事前に説明を受けており、覚悟はできていたが、「生まれた時にお世話になって以来ですよね。おむつをつけました」。

  タレント  西川(にしかわ)  きよしさん(70)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

タレント 西川きよしさん

最新記事