文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

「ディオバン」血圧薬データ改ざん、会社と元社員に無罪判決…改ざんは認定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 高血圧治療薬「ディオバン」を巡る臨床研究データ改ざん事件で、東京地裁は16日、薬事法(現・医薬品医療機器法)違反(誇大記述・広告)に問われた製薬大手ノバルティスファーマの元社員・白橋伸雄被告(66)を無罪(求刑・懲役2年6月)とする判決を言い渡した。

 法人としての同社も無罪(同・罰金400万円)とした。

 辻川靖夫裁判長は、白橋被告による意図的なデータ改ざんを認定したが、「改ざんされたデータに基づく論文を学術雑誌に載せた行為は、誇大記述・広告にはあたらない」と判断した。

 白橋被告は、京都府立医大の研究チームが実施したディオバンの臨床研究にデータ解析担当として参加。同大医師らに改ざんした患者データを提供し、2011~12年、同チームに「ディオバンの効果が高い」などとする虚偽の内容の論文を作成させ、学術雑誌に掲載させたとして起訴された。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事