文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

医療・健康・介護のニュース・解説

「肝性脳症」治療に新薬…アンモニア作る細菌を抑制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 肝臓の働きが悪くなることで、認知機能の低下などを引き起こす「肝性脳症」。認知症やうつ病に似た症状もあり、見逃されるケースもあるが、早めに気づけば適切な治療で神経症状を改善できる。昨年11月には、腸内環境を整えることで治療する新たな薬が発売された。(森井雄一)  沈黙の臓器と言われ、病気の自覚症状が出にくい肝臓。B型、C型肝炎ウイルスへの感染や、アルコールの過剰摂取などが原因で慢性肝炎になると、何…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事