文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

アナフィラキシー時の自己注射薬「エピペン」、針出ない不具合で自主回収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 製薬会社ファイザーは13日、呼吸困難など生命に関わる重いアレルギー症状、アナフィラキシーになった際に使う自己注射薬「エピペン注射液0.3mg」を自主回収すると発表した。

 先端を太ももに押し当てると内蔵された針が出てくる仕組みだが、使用時に針が出ない不具合が、海外で2件報告されたため。回収対象は、昨年1月28日から3月24日に出荷された約6000本。製造番号は「PS00019A」、使用期限は2017年4月で、いずれも箱と本体に記載されている。問い合わせ専用窓口は0120・665・766(平日午前9時~午後5時半)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事