文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

第45回医療功労賞

イベント・フォーラム

[第45回医療功労賞]中央表彰10人の横顔(下)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

国内部門

義足作りで患者に希望 入江弘 61 義肢装具士

[第45回医療功労賞]中央表彰10人の横顔(下)

 岡山県瀬戸内市の療養所で義肢装具士として35年にわたり、ハンセン病の後遺症でまひが残る入所者の義足などの製作に取り組んできた。

 サイズが合わないと体を傷つけかねないため、医師の処方のもと採寸や型作りを行い、体に合うように作る。義肢にはプラスチックではなく皮革を用いて、使ううちに体になじむように工夫したり、入所者の生活を快適にするために食事用スプーンやフォーク、電化製品のスイッチを改良したりして、病気への偏見や差別で心に傷を負った入所者に生きる希望を与えてきた。昨年、定年となったが契約更新をして現在も現場に立ち続けている。<岡山県瀬戸内市>

話す聴く、リハビリ支援 深浦順一 65 言語聴覚士

id=20170313-027-OYTEI50017,rev=4,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

 障害でうまく言葉を話せない人の指導や、難聴児を早期発見するシステム作りなど、言葉や聴覚が不自由な人の支援を続けてきた。

 製造業の企業に就職したが「障害のために、生きたいように生きられない人をなくしたい」と転職を決意、東京の養成所などで言語障害者のリハビリを学んだ。1982年から佐賀大付属病院(佐賀市)に約25年勤務し、耳鼻咽喉科で言語障害児・者のリハビリに取り組んだ。

 2007年、国際医療福祉大福岡保健医療学部(福岡県大川市)の教授に就任、現在は言語聴覚士を育成しながら、日本言語聴覚士協会会長も務めている。<佐賀県小城市>

無医地区で巡回、診療 滝上茂 68 医師

id=20170313-027-OYTEI50018,rev=4,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

 過疎化・高齢化が進む山村地域で約35年、地域医療に貢献してきた。

 1982年、大分県豊後高田市にある高田中央病院の前身の松本病院に着任した際、整形外科しかなかった病院に内科などを順次開設し、救急告示病院としての役割を担わせた。市内唯一の小児科医院が閉院した際には、小児科開設に奔走、子育て世代の医療に対する不安を解消した。へき地医療拠点病院として、市内3か所の「無医地区」で月1回、診療活動を続けている。

 最近は、診療所などの検査画像を診断する「遠隔画像診断」を行うなど、住み慣れた地域で不安なく暮らせるような支援を行っている。<大分県豊後高田市>

海外部門

トンガで歯磨き教える 河村康二 69 歯科医師

id=20170313-027-OYTEI50019,rev=4,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

 1998年に「南太平洋医療隊」を結成、以来トンガ王国の歯科保健・医療の向上に重要な役割を果たしてきた。

 南太平洋諸国では、安易に抜歯が行われていることに疑問を抱き、トンガの小学校では、講話や歯磨き指導など「予防」に重点をおいた活動を進めてきた。2007年には子どもたちの 口腔こうくう 状態は劇的に改善、歯・口腔の健康が全身の健康につながるとして、トンガ政府の健康インフラ整備にも積極的に貢献してきた。

 現在は、歯科保健医療国際協力協議会の会長にも就任、海外で活動する歯科ボランティア団体の活動支援を行っている。<トンガ王国>

東南アジアで訪問看護 赤尾和美 53 看護師

id=20170313-027-OYTEI50020,rev=4,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

 カンボジア、ラオスなど保健システムが 脆弱ぜいじゃく な地域で新たな医療の形作りに取り組んできた。1999年のカンボジアでアンコール小児病院が開院する際、診療スタッフの教育と技術指導に携わった。

 以来、貧しくて病院を受診できない人たちのために、訪問看護に力を入れ続けた。エイズ感染症の子どもたちによる自助グループ作りを支援、リーダー43人を養成した。ラオスでは政府と交渉、2015年のラオ・フレンズ小児病院の開設につなげた。同国でも栄養失調やエイズ感染者の訪問看護プログラムを開始、現地スタッフの人材育成をしながら訪問看護を続けている。<カンボジアほか>

 (2017年3月10日 読売新聞朝刊掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イベント・フォーラムの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

第45回医療功労賞

最新記事