文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

7件 のコメント

コメントを書く

誕生学

south beach

大葉氏ご本人は医療関係者ではない。バースコーディネーターって名称も自分で作っている肩書き。ハイパーメディアクリエイターの人みたい。

違反報告

そもそも「公益」とは

はてはてな

生まれてくるすべてのこどもが、それぞれ、食べるべき時期に食べるべきものを食べ、学ぶべき時期に学ぶべきことを学ぶことができるように、それぞれの家庭と地域社会で世話をして、そうして育ったこどもたちがまた、次の世代として生まれてくるこどもたちが受けるべき世話を受けることができるような循環型地域社会の基盤となるべき現実的な法制度を「公共の利益」として整備してこなかったこの国の行政府と立法府が、平成20年になって「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」を施行させていることそのものにどこか矛盾があると感じました。
医療という科学の分野に明確な科学的根拠のないものを入り込ませそれを世間に対して学問として主張することに行政がお墨付きを与えるということは、民法第90条が定める公序良俗の規定に違反するものだと思います。

違反報告

冷静な判断の助けになります。

宋美玄先生がこの件について発信して下さったことがとても有難いです。大葉さんが自然分娩で5人産んだことは立派だと思うのですが、その成功体験を押し付けるような姿勢にずっと違和感がありました。
大葉さんは不妊治療後に帝王切開を選択することに対して「作ってもらって出してもらおうという考えだと、その後の育児という営みを含めた「生命力のスイッチ」が入りにくいのではと思います。」と発言されていて、その偏見に驚いたのと同時に、不妊治療や帝王切開をせざるを得ない人の気持ちは、全く理解できないんだなと感じていました。想像力が欠けてることは仕方がないとしても、大勢にそのようなメッセージを発信するのは、悪意はなくとも罪だと思います。個人的な感想ですが、妊娠や出産と言う大事なテーマを扱っているのに、人のために活動しているように見えないのです。
命をテーマに活動されているならば、人を苦しめるような偏見や、根拠が不明な発言はやめて頂きたいですが、受け手が真に受けないことも大事だなと思いました。医療がすべて正しく、体験談は適当で間違っているということではなく、鵜呑みにしなければ振り回されずに済むということだと思います。

違反報告

同意します

せとか

信さんのご意見、私も常々感じていたことでした。
医学的見地から宋先生が発信してくださって本当にすっきりしました。
大葉さんが「個人の意見、経験です」とことわった上で柔らかく伝えていることなら、大きな問題はないと思います。自分自身を権威づけて、よく聞いたら差別的な表現があり、主張に同意してくれる人で結束しているようにどうしても感じてしまうのです。

違反報告

たびたびすみません!質問です。

みみ

>骨盤の関節や骨盤底筋が十分に動く姿勢や呼吸法で出産すれば、赤ちゃんは回旋する必要なくまっすぐに生まれてくるので、芸術や神秘ではありません。

これはすごいです。どのような姿勢や呼吸法でしょうか?
また、旋回する必要がなくなることによる、出産のメリット(母子共に)があれば教えてください。

違反報告

言っていることは分かるのですが…

二児の母

私もどちらかと言うと、「自然出産を礼賛する」ことには腰が引けるタイプで、一人目は医療介入(かんし分娩)のおかげで無事に出産できましたので、日本の周産期医療の専門家の方のお力には感謝しています。とはいえ、5人産んで育てている方の実感からくる励ましを、そんなに貶めていいものなのでしょうか。こうした医療を受ける側の実感が反映されて、今の産婦人科も妊婦さんに寄り添ってくれるようになったのではないでしょうか? 専門家だけがそんなに偉いのでしょうか? 

違反報告

疑問に思う事がありまして…

おかぁかぁ

文章の中盤で、「赤ちゃんは回旋する必要なくまっすぐ生まれて来るので」とあるのですが、どういう意味でしょうか。経膣分娩の場合、必ず第1〜4回旋しますよね?産科の教科書ならどれにでも載っていると思うのですが…それとも新しい論文にその様な発表があったのでしょうか?
疑問に思い、コメントさせていただきました。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。