文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

コラム

疑問だらけの「お産のカリスマ」 大葉ナナコ氏の発信を読んでみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
疑問だらけの「お産のカリスマ」 大葉ナナコ氏の発信を読んでみた

キッチンでおとなしくしているかと思えば…

 先日は「 「誕生学」に疑問 生きづらさを抱える子を追い詰めるのはやめて! 」という記事で、「公益社団法人誕生学協会」なる団体が行っている「生まれてきたことが うれ しくなると未来が楽しくなる」という教育について批判したところ、かなりの反響がありました。すると、いわゆる「いのちの教育」だけでなく、同団体の代表である大葉ナナコ氏が「自然出産」を礼賛し、書籍などで勧めていることも問題であるという声が寄せられたので、そちらについても触れてみたいと思います。

 大葉ナナコ氏は医療系の国家資格は持っていないようですが、「バースコーディネーター」という職業を自分で作り、5人の子供を出産したことから、出産に関する発言が一部の層に説得力を持っているようです。

出産のメカニズム、理解していますか?

 大葉氏は『体と心にやさしいナチュラルなお産』(アスペクト)、『妊婦のための安産バイブル』(主婦の友社)など出産に関する本を多数出版していますが、主張としては医療の関与を好まず、自宅や助産院での出産を勧めるものです。

 大葉氏は「産む場所」にこだわりを持っており、著書にも「緊張する環境にいる妊婦にはストレスがかかり、お産の進行に影響を与えることもあります」「昨今、『産む場所の選択』がお産の質に影響を与えるといわれるのは、妊婦の感情や気持ちは環境に大きく影響されるためです」(『命を授かり、育む喜び―知っておきたい女性のからだ 妊娠・出産のしくみ セルフケア術 (10代の生き方ヒント (3))』栄光、より)と書かれています。

 しかし、産む環境がどう影響するかについては、リラックスできることが大事ということしか書かれておらず、生理的な出産のメカニズムには理解が乏しいことが見て取れます。赤ちゃんが頭蓋骨を重ね合わせながら体を回旋させて下りてくることを「生命の持つ芸術」「 人智じんち を超えた『命の神秘』」と表現していますが、骨盤の関節や骨盤底筋が十分に動く姿勢や呼吸法で出産すれば、赤ちゃんは回旋する必要なくまっすぐに生まれてくるので、芸術や神秘ではありません。

 誰もが、医療介入を必要とせず母子ともに健康に 経腟分娩けいちつぶんべん を終えられるわけではないので、自然出産をあまりにも礼賛されると悲しい気持ちになる人もいることは容易に想像できます。大葉氏は帝王切開で分娩する人に「帝王切開が必要なら“自然帝王切開”ととらえて」(「妊婦のための安産バイブル」より)と語りかけます。著書の前後の文章をよく読んでも「自然帝王切開」なる造語の意味が理解できませんが、おそらく、帝王切開をした人をフォローしようとしているのでしょう。しかし、自然出産をあれだけ礼賛する人にこのようにフォローされても救われるどころか余計にモヤモヤする人が多いのではないでしょうか。

「5人の出産経験」は、何の根拠にもなりません

 本当に枚挙にいとまがないほどなのですが、大葉氏は、無痛分娩の赤ちゃんは不機嫌なことが多い、とか、初体験の早い子は夕飯を一人で食べているという共通点がある、など個人の印象を超えた偏見ともいえる発言が多く、看過すべきではないと感じました。

 大葉氏の著書の編集を担当した女性から「5人産んでいるというのが説得力がある」という意見を聞いたことがありますが、周産期医療の専門家でなくとも5件だけではお産の何たるかを知るには少なすぎるということはわかると思います。出産に関する偏った意見を根拠のあるものだとまちがえないよう、読者のみなさまも注意してくださると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、性科学者。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)について、詳しくはこちら

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

5件 のコメント

コメントを書く

冷静な判断の助けになります。

宋美玄先生がこの件について発信して下さったことがとても有難いです。大葉さんが自然分娩で5人産んだことは立派だと思うのですが、その成功体験を押し付...

宋美玄先生がこの件について発信して下さったことがとても有難いです。大葉さんが自然分娩で5人産んだことは立派だと思うのですが、その成功体験を押し付けるような姿勢にずっと違和感がありました。
大葉さんは不妊治療後に帝王切開を選択することに対して「作ってもらって出してもらおうという考えだと、その後の育児という営みを含めた「生命力のスイッチ」が入りにくいのではと思います。」と発言されていて、その偏見に驚いたのと同時に、不妊治療や帝王切開をせざるを得ない人の気持ちは、全く理解できないんだなと感じていました。想像力が欠けてることは仕方がないとしても、大勢にそのようなメッセージを発信するのは、悪意はなくとも罪だと思います。個人的な感想ですが、妊娠や出産と言う大事なテーマを扱っているのに、人のために活動しているように見えないのです。
命をテーマに活動されているならば、人を苦しめるような偏見や、根拠が不明な発言はやめて頂きたいですが、受け手が真に受けないことも大事だなと思いました。医療がすべて正しく、体験談は適当で間違っているということではなく、鵜呑みにしなければ振り回されずに済むということだと思います。

つづきを読む

違反報告

同意します

せとか

信さんのご意見、私も常々感じていたことでした。 医学的見地から宋先生が発信してくださって本当にすっきりしました。 大葉さんが「個人の意見、経験で...

信さんのご意見、私も常々感じていたことでした。
医学的見地から宋先生が発信してくださって本当にすっきりしました。
大葉さんが「個人の意見、経験です」とことわった上で柔らかく伝えていることなら、大きな問題はないと思います。自分自身を権威づけて、よく聞いたら差別的な表現があり、主張に同意してくれる人で結束しているようにどうしても感じてしまうのです。

つづきを読む

違反報告

たびたびすみません!質問です。

みみ

>骨盤の関節や骨盤底筋が十分に動く姿勢や呼吸法で出産すれば、赤ちゃんは回旋する必要なくまっすぐに生まれてくるので、芸術や神秘ではありません。 こ...

>骨盤の関節や骨盤底筋が十分に動く姿勢や呼吸法で出産すれば、赤ちゃんは回旋する必要なくまっすぐに生まれてくるので、芸術や神秘ではありません。

これはすごいです。どのような姿勢や呼吸法でしょうか?
また、旋回する必要がなくなることによる、出産のメリット(母子共に)があれば教えてください。

つづきを読む

違反報告

言っていることは分かるのですが…

二児の母

私もどちらかと言うと、「自然出産を礼賛する」ことには腰が引けるタイプで、一人目は医療介入(かんし分娩)のおかげで無事に出産できましたので、日本の...

私もどちらかと言うと、「自然出産を礼賛する」ことには腰が引けるタイプで、一人目は医療介入(かんし分娩)のおかげで無事に出産できましたので、日本の周産期医療の専門家の方のお力には感謝しています。とはいえ、5人産んで育てている方の実感からくる励ましを、そんなに貶めていいものなのでしょうか。こうした医療を受ける側の実感が反映されて、今の産婦人科も妊婦さんに寄り添ってくれるようになったのではないでしょうか? 専門家だけがそんなに偉いのでしょうか? 

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事