文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

はつらつ健康指南

健康・ダイエット

「いため煮」調理時間短く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

肉や魚、根菜から先に

「いため煮」調理時間短く

奥西義和撮影

id=20170307-027-OYTEI50003,rev=7,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 煮物は野菜を下ゆでしたり、一定時間煮込んだりするのに手間がかかる。かといって、1人分だけ煮るのも効率が悪い。料理研究家の岩崎啓子さんは、フライパンを使って具材をいためた後に煮る「いため煮」で、手間をかけない1人分の煮物を提案する。

 野菜の煮物に肉や魚を加えれば主菜になり、栄養のバランスもよい。岩崎さんは夫と2人暮らしで、食事の時間が異なることも多く、好きな具材をよくいため煮にするという。「材料をいためてから煮れば、調理時間が短くて済む。油でいためることで、味にコクも出ます」と岩崎さん。

 フライパンは直径18センチのものを使う。鍋よりも浅く面積が広いので、煮崩れしやすい魚も扱いが簡単だ。

 いため煮は、まず肉や魚、火が通りにくいダイコンなどの根菜を先にいため、香ばしさを出す。次にネギやショウガ、ニンニクなどの香味野菜を加えて香りづけをし、最後に火の通りやすい野菜を加え、調味料を入れて煮る。

 ポイントは、調味料を入れる際に一度火を止めること。具材が少なく、加熱しながら入れると焦げ付きやすいため。調味料を加えたら蓋をし、再加熱する。

 今回は3品を作ってもらった。豚肉とダイコンの煮物は、肉のうまみやしょうゆベースの煮汁がダイコンに染み、食べ応えのある和風味。鶏肉とキャベツのいため煮は、キャベツの甘みが優しい中華風煮物だ。サワラのトマト煮は、サワラがほろっとして、トマトの酸味が利いている。

 いずれのレシピでも、具材は好みで追加してもいい。ニンジンやゴボウなど根菜類は、最初にいためる。火の通りやすいチンゲンサイやハクサイ、モヤシやキノコ類は、肉などをいためた後に加える。

 岩崎さんは「肉じゃが、ブリ大根など定番メニューも、いため煮にすると手軽に作れるので、試してみてください」と話す。(小野仁)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

はつらつ健康指南の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事