文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

ノロウイルス発生元、刻みのり加工業者と特定…営業禁止・商品回収命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都立川、小平両市の小学校などでノロウイルスによる集団食中毒が発生した問題で、大阪市は4日、共通して給食に使われた刻みのりの加工業者「いそ小判 海苔のり 本舗」(大阪市北区)をウイルス発生元と特定したと発表した。

 市は、同日付で同社に当面の間の営業禁止と商品の回収を命じた。

 立川、小平両市、和歌山県御坊市で計約2000人の発症者を出した給食では、のりの販売元の「東海屋」(大阪市都島区)が、いそ小判側に加工を委託した商品が使用されていた。大阪市によると、3市の患者から検出されたノロウイルスの遺伝子型と、同社加工所の裁断機などに付着していたウイルスの型が一致した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事