文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

コラム

坪倉正治さん(1)風化進みながらも残る不安 6年後の現状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
6年間、福島の人と共に歩んできた坪倉正治さん

6年間、福島の人と共に歩んできた坪倉正治さん

 東日本大震災が起きて3月で6年。東京電力福島第一原発から23キロの近さにある福島県南相馬市立総合病院に、震災直後から医療支援に入った医師、坪倉正治さん(35)は、この6年間東京と福島を往復しながら診療や 被曝(ひばく) 検査を続けてきた。被曝検査体制を一から作り上げ、放射線についてわかりやすく伝える講演会を毎週のように開催、この地で若手医師が働きがいを見いだせるよう研究や発信のリーダーとして奔走する。「ここで何が起こったのかを記録し、その教訓を生かすことは、ここで苦しんだ人への報いでもあるし、医療者としての使命でもある」。震災で過疎化や医師不足が加速し、日本が抱える課題の先を行く福島から、震災6年後の現実と地域医療の未来を語ってもらった。

「後ろめたさ」を感じる必要は全くない

 JR福島駅から車で約10分の三育保育園(福島市)。2月中旬の土曜日、診療が休みだった坪倉さんは、保育士や保護者ら20数人に向けて「放射線ってなに」というタイトルの講演会を行っていた。週の半分は福島で働き、金、土曜日は東京のクリニック。主に休日を使って行う講演は、2011年から約300回を数える。

 自己紹介を終えると、最初に、「安全だ」という情報に不信感を持つ人に語りかけるのが癖になっている。「データを根拠に『正しさ』を押しつけるだけでは、人の心には届かない」と、この6年間で痛感してきたからだ。

 「みなさん、放射線の話、いろいろなところで聞いたことありますでしょう? 『もう、いいかげんにしてくれ』と思う人、『放射線ってやっぱり危ないんだろうから、安全とか大丈夫という話をしないでくれ』という人もいると思います。6年 () っていろいろな考えの人がいて、それは尊重すべきです。ただ6年間、ずっと検査をやってきて、データではこんなことがわかっているということがありますから、それをみんなで復習しましょう。そのうえで、ペットボトルの水を使うか、福島県産の食べ物を使うか、甲状腺の超音波検査をやって大丈夫なのかは、最終的には個人がどう考えるかだと思います」

 放射線は宇宙や土、食べ物など自然界に元々あり、西日本やヨーロッパなどの方が年間被曝量は高いこと。外から浴びる外部被曝と、食べたり吸ったりして体の中から浴びる内部被曝があること。健康への影響はトータルの被曝量の問題で、現在では、居住環境での外部被曝は十分下がり、内部被曝もほぼ100%の住民から検出されていないこと。スーパーに並ぶ福島県産の食べ物を食べても、福島県産を避ける人と被曝量に差がないこと。甲状腺検査や被曝のデータを見ると、放射線の影響は考えにくいこと――。

福島市の三育保育園で、母親や保育士に放射線情報についてかみ砕いて伝える坪倉さん(2月18日)

福島市の三育保育園で、母親や保育士に放射線情報についてかみ砕いて伝える坪倉さん(2月18日)

 出身地の関西弁で笑いも交えながら一通り説明を終えた後で、坪倉さんは母親たちにこう強調した。

 「正直、放射線の影響については、データ上これで健康に害が出るレベルとは思えません。何が正しいということはないし、無理に考えを押しつけようというつもりはないですが、お母さんたちが後ろめたさを感じる必要はまったくないということだけは伝えたいです。『自分たちが何かしなかったせいで子供を被曝させてしまったのではないか』と思う必要は一切ないので、自信を持って下さい」

 質疑応答の時間に、一人の母親が手を上げた。

 「1週間ほど前、自分と同じ年代のお母さんが、都心部の人に『いつまで福島にいるの? 被曝しちゃうし、危ないところになんで子供といるの?』と言われて、言い返せなかったそうです。彼女は『何年か後にうちの子に何かあったらどうしよう』と動揺して、話を聞いた私も『どうしよう』と不安に思ってしまって……。今回、先生のお話を聞いて、放射線の影響はない、水や食べ物も安全だと初めて知りました。なかなかこういうことを知る機会がないし、それがもっと発信されると安心する方も多くなるのかなと思います」

 この日、参加者の中で保護者は4人だけ。園長によれば「本当に心配している保護者は不参加」だったが、事前の保護者アンケートでは、「放射能の影響で障害のある子供が生まれる確率は?」「水道水を乳児にあげるのは心配」など不安を表す質問が30個も並んだ。

 「最近はどこでも一見、関心は薄れている感じです。頭ごなしに『大丈夫』と押しつけられるのではないかとこういう講演会を警戒するし、6年経ってこの話題に触れなくても日常生活を送れるようになったので、『臭い物に蓋』ではないですが、放射線の問題は見ないようにしている。地元でさえ風化が進み、わかったつもりでわかっていないので、何か言われると言い返せないし、不安にかられてしまう。避難者のいじめが続いていますが、子供たちを偏見や攻撃から守り、健やかに成長してもらうためにも、子供も大人も知識の底上げが必要です」

「南相馬に行けるか?」 運命を決めた一本の電話

 2011年3月11日。当時、29歳だった坪倉さんは、血液内科医として勤めていた都立駒込病院の病室で、骨髄移植数日後の患者と話しているところだった。大きな揺れを体に感じ、最初に浮かんだのは「あの時の揺れと一緒だ」という感覚。大阪市出身の坪倉さんは、中学1年生の時に阪神・淡路大震災を経験していた。

 「あの時は、揺れる前に地鳴りで起きて、『揺れてる』と思った数秒後にドカンと来ました。隣の部屋に寝ていた妹が『怖いよー!』と叫び、父親が1階から駆け上がってきて、妹を抱き上げて『お前も来い!』と言われて駆け下りたのを覚えています。通っていた神戸市の灘中学校の体育館は遺体安置所になり、友達の家族も亡くなりました。東日本大震災の揺れも、あの時と同じレベルだと感じたんです」

 若手医師が次々に医療支援のため東北に派遣されたが、非常勤で働いていた坪倉さんは派遣対象にならなかった。4月には東大医科学研究所の大学院に進学。同月初旬にパリで行われた骨髄移植学会に参加した後、骨休めの休暇を取って、後に妻となる女性とセーヌ川で遊覧船に乗っている時に、運命を決める国際電話がかかる。

 「指導教官で被災地の医療支援を行っていた上昌広先生から、『帰ったら南相馬に行けるか?』と言われたんです。『浜通り(原発のある福島県沿岸部)だ』と言われてもピンと来なくて、ネットで調べて『ここ、大丈夫なんかな』と初めて気付くレベルでした。彼女は『そんなところに行くなんてあり得ない!』と泣いて怒りましたが、血液内科で放射線の知識は多少あったし、短期間ならCT(コンピューター断層撮影法)1回分は被曝しないだろうと判断して、『誰かが行かなあかんやろ』と説得しました」

 当時、南相馬市立総合病院は、14人いた常勤医が避難などで4人に減っていた。帰国後すぐに車で現地入りし、当初は避難所回りが主な仕事。そのうち、周辺の自治体から住民や役所職員の健康診断やカウンセリングを頼まれるようになった。全村避難する前の飯舘村住民の健康診断をした時は、被曝の問題よりもむしろ、うつや糖尿病、高血圧などの慢性疾患が悪化していることがわかった。

 「医者の感覚的なものですが、その時に確信したんです。放射線ではなく、こちらの方が被災者の命を奪うと。その直感は後になって正しかったとわかるのですが、当時はやはり、放射線に注目が集まっていました。しかし、放射線のことがわかる人が誰もいない。ぼくも専門じゃないからよくわからない。だけど、現地で『(累積被曝量を測る)ガラスバッジ(個人線量計)を調達して』『簡易CTが手に入らないか』と頼まれる度に放射線のことを勉強して、詳しくなっていったんです」

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

コラムの一覧を見る

1件 のコメント

福島県への差別と偏見・いじめ

natsuki

坪倉さんのお話をはじめ、福島県内の新聞・報道はなかなか県外へ伝わりにくいものでした、今も実際そうで「応援して食べて死ね」と言われる始末です、どう...

坪倉さんのお話をはじめ、福島県内の新聞・報道はなかなか県外へ伝わりにくいものでした、今も実際そうで「応援して食べて死ね」と言われる始末です、どうか県外避難されている方にも、引っ越しされた方にも今の福島県を伝えてあげてください。
このお話を取り上げてくれて感謝いたします。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事