医療・健康・介護のコラム
知って安心!今村先生の感染症塾
  • 標準
  • 拡大

「刻みのり」とノロウイルス

「きざみのり」とノロウイルス

 複数の小学校で発生した、1000人以上の大規模な集団食中毒。その原因は、焼きのりを細かく刻んだ「刻みのり」による、ノロウイルスの集団感染でした。

 ノロウイルスって、もう流行は終わったんじゃないの? 乾燥しているはずの「刻みのり」で、ノロウイルスの感染が起こってしまうの?・・・きっと、そんなことを考えた人も多いはずです。この事例には、現代の食中毒における特徴や、重要な課題も含まれています。今回は、焼き海苔で起こった集団食中毒について解説しましょう。

焼き海苔で起こった食中毒

 2017年2月17日、東京の立川市にある小学校で、多くの子どもが下痢や 嘔吐おうと などの食中毒症状を訴えはじめました。その報告数はどんどん増えていき、7つの小学校で1000人以上の集団感染が起こっていたことがわかりました。さらに、発症した複数の人の便からノロウイルスが検出されましたが、原因となった食材については特定できない状況が続きます。しかし今回、給食の親子丼に振りかけられていた「刻みのり」が、食中毒の原因食材であったと新たに発表されました。残っていた「刻みのり」の袋の中からも、患者から検出されたものと同じノロウイルスが検出されたのです。

 『 のりが食中毒の原因、ノロウイルス検出…東京・立川の7小学校

 『 立川市立小学校における給食による食中毒(報道発表資料)(http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/02/28/11.html) 』

落とし穴のような食中毒

 刻みのりは、調理の際には振りかけるだけ。今回の事例でも、親子丼の上にかけた「刻みのり」が原因となってしまったとのことです。まさか、あの乾燥して袋詰めになっている焼き海苔からつくった「刻みのり」が食中毒の原因となるなんて、考えてもみなかったというのが多くの方々の感想ではないでしょうか。そういう意味では、「きざみのり」による食中毒は、一般の方々だけでなく医療者の方々にとっても、落とし穴のように思ったと思います。

ノロウイルスの感染力

 ノロウイルスの感染力は非常に強く、わずかな便や嘔吐物、汚染された環境を介しても感染が広がっていきます。ノロウイルス胃腸炎を発症した患者の、たった1gの便の中に1億個のウイルスが、嘔吐物1gにも100万個のウイルスが含まれています。そして、わずか10~100個という、ごく少数のウイルスが口に入っただけでも、感染してしまう可能性があるといわれています。したがって、ノロウイルスに感染した人が、十分な手洗いをせずに多くの人の料理を調理すれば、簡単に大規模な食中毒が発生してしまうのです。

乾燥にも強いノロウイルス

 ノロウイルスは乾燥にも強く、汚染された手で触れたドアノブなどの環境でも、数時間~数日もの長い間、感染する可能性があります。場合によっては、1か月以上も感染させる可能性があるとの報告もあります。さらに、下痢や嘔吐物がカーペットなどで乾燥すると、ホコリと一緒に舞ってしまい、口に入ることで感染してしまうこともあるのです。

 今回の事例で原因となった「刻みのり」は、いわゆる乾物とも呼ばれている乾燥した食品です。一般的には、乾燥している食材からは食中毒が起こらないと思っている人も多いでしょう。しかし、ノロウイルスが乾燥に強いことを考えれば、起こりえないことではないのです。

知って安心!今村先生の感染症塾_201511_120px 今村顕史(いまむら・あきふみ)

知って安心!今村先生の感染症塾一覧を見る

コメント

コメント:2件

すべてのコメントを読む

きょうの健康レシピ

レシピのバックナンバーを見る