文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

医療・健康・介護のニュース・解説

糖尿病足病変…重症化を予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
傷・変形早めに受診を  足に潰瘍ができたり、 壊疽(えそ) を起こして黒くなったりする「 足病(あしびょう) 」は、神経障害を伴う糖尿病や血行が悪い人工透析の患者に多く見られる。重症になって足を切断すると自力で生活するのは難しく、生存率も低くなる。国も今年度から足病の重症化を防ぐ取り組みを始めた。(赤津良太)  糖尿病は高い血糖が血管や神経を傷つけ、様々な合併症を引き起こす病気だ。その一つの神経障…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事