文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松永正訓の小児医療~常識のウソ

コラム

風邪と診断されたのに、実は肺炎だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
風邪と診断されたのに、実は肺炎だった?

 大学病院に19年間勤務した中で、私は一度だけ誤診をした経験があります。その患者は5歳の女の子でした。お (なか) に異様に大きなしこりがあるために、私たちの病院を紹介されてやって来たのです。超音波検査・X線CT検査を行ってみると、腎臓に巨大な腫瘍があり、肺にも多数の転移が見られました。こういう病気は一つしかありません。それは未熟な腎組織から発生するウイルムス腫瘍です。私たちは、女の子に手術を行い、腫瘍の一部を摘出して検査に回しました。そして検査の結果が出る前に、ウイルムス腫瘍に最適な抗がん剤治療を開始しました。

 摘出した細胞のひとかけらを私が研究室で培養していると、その腫瘍細胞は神経細胞に変化していきました。ウイルムス腫瘍ではそういったことは絶対に起きません。この腫瘍は未熟な神経細胞から発生する神経 芽腫(がしゅ) です。私は急いで抗がん剤の種類を変更しました。後で調べて見ると、腎臓から発生する神経芽腫は世界でも数例しかありませんでした。極めて (まれ) な病気に出会うと、診断を誤ることもあると知りました。

 さて、今日は子どもの肺炎について説明します。肺炎という病態は意外と正しく理解されていないため、時に開業医と保護者の間でトラブルになったりします。

耳鼻科にかかっていた年長君

 幼稚園の年長組の男の子が私のクリニックを受診しました。ママの話では、その年長君は10日前から鼻水があり、 (せき) も少しありました。鼻水が目立つので耳鼻科を受診したところ「風邪ですね」と言われて薬を出されたそうです。しかし、その後発熱し、咳がどんどんひどくなるので、小児科でも診てもらった方がいいと考えてうちに来たと言います。

 私は、耳鼻科の先生が処方した薬の内容を知りたくてお薬手帳を見せてもらいました。

ペリアクチン(抗ヒスタミン剤:鼻水止め)

ムコダイン( (たん) 切り)

ムコソルバン(痰切り)

アスベリン(咳止め)

ホクナリンテープ(気管支拡張剤)

メイアクト(抗生物質)

ビオフェルミンR(整腸剤)

カロナール(解熱剤)

 こうした薬が並んでいます。定番と言ってもいいでしょう。そして私は年長君の様子を詳しく聞きました。発熱が5日目に入っていて、痰が絡む咳が10日間に及んでいます。聴診器を年長君の胸に当てると、右肺からゴロゴロという雑音がします。呼吸がやや速くて、呼吸のたびに 肋骨(ろっこつ) と肋骨の間が少しだけ (へこ) みます。

 もうこの段階で診断はついています。年長君は肺炎です。胸部のX線を撮影してみると、年長君の右の肺に白い影が広がっていました。これで診断は確定です。X線写真をお見せすると、ママは矢継ぎ早に質問してきました。

 「肺炎? 風邪じゃなかったんですか? 診断が間違っていたんですか?」

 「最初から小児科に行けばよかったんですか?」

 「肺炎だと入院ですよね?」

 「何で、肺炎になってしまったんですか? 薬を飲んでいたのに」

 「下の子に肺炎がうつっていないかしら?」

 少し興奮気味のママをなだめて、私は肺炎についてじっくりと話を始めました。

最初はただの風邪

 年長君に対する「風邪」という診断は間違っていません。最初はただの風邪なんです。風邪とは、 上気道(じょうきどう) (のどや鼻)にウイルスが感染した状態です。この段階では肺にはまったく炎症は起きていません。ですから、診断が間違っていたということはありません。最初から肺炎の子どもなどいないのです。

 風邪(急性上気道炎)は、連載の1回目で説明したように99%以上は自然治癒します。発熱は72時間くらい、咳は長くても10日くらいです。つまり逆から説明すると、発熱が72時間を超えたり、咳が10日を超えたりした場合は、「風邪がこじれている」可能性を考える必要があります。

 上気道に感染したウイルスの病原性が高いとき、あるいはお子さんの免疫力・抵抗力がダウンしている時、ウイルスは下気道に向かって進んでいきます。下気道の行き止まりは肺ですから、最終的に肺炎になります。つまり、耳鼻科の先生が診察した時は、風邪(上気道炎)だったのですが、私が診た時は肺炎になっていたということです。耳鼻科の先生の診断は間違っていません。誤診ではないのです。

何科に行っても風邪は99%以上治る

 医者というのは不思議な職業で、どういう病気が専門なのか一般の人にはとてもわかりにくいと思います。耳鼻科とか眼科は、それぞれ「耳・鼻・喉」や「眼」が専門です。つまり、そういった臓器の専門家ですね。ところが小児科というのは専門の臓器を持っておらず、小児をトータルで診ます。さらに病気だけでなく、発達・発育も診ます。

 風邪は自然に治りますから、極論を言えば何科に行ってもかまいません。耳鼻科の先生の中には「自分は、子どもの風邪を上手に治せる」と信じている人がいるかもしれませんが、それは誤解であって風邪は自然に治っているのです。

 処方する薬も、耳鼻科でも小児科でも極端な違いはありません。しかし最近、小児科の先生の中には、風邪に対してほとんど薬を出さないという人が増えてきています。風邪に風邪薬はほとんど効果がないという判断からです。私も、この年長君を初めに診たら、

ムコダイン(痰切り)

アスベリン(咳止め)少々

くらいしか出さないと思います。抗生物質は絶対に出しません。その代わり、生活指導をすると思います。冬であれば、保温と加湿が重要です。栄養を十分にとって、水分補給をし、疲れを残さないようにして、早寝をすることです。そして十分に (はな) をかむ。こうした環境整備や生活指導の方が、風邪薬を飲むより大事なんです。そこを私は強調するでしょう。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsunaga_400-400

松永 正訓(まつなが・ただし)

 1961年、東京都生まれ。1987年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。日本小児外科学会・会長特別表彰(1991年)など受賞歴多数。2006年より、「松永クリニック小児科・小児外科」院長。

 『運命の子 トリソミー  短命という定めの男の子を授かった家族の物語』にて2013年、第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。著書に『小児がん外科医 君たちが教えてくれたこと』(中公文庫)、『子どもの危険な病気のサインがわかる本』(講談社)など。

 ブログは http://wallaby-clinic.asablo.jp/blog/

松永正訓の小児医療~常識のウソの一覧を見る

6件 のコメント

コメントを書く

わかってはいるけれど

ふうふう

我が家も年長児がいるので、肺炎の話は人事ではなくヒヤリとさせられました。 本当は風邪も完全に治ってから登園させた方が良いのはわかっていますが、核...

我が家も年長児がいるので、肺炎の話は人事ではなくヒヤリとさせられました。
本当は風邪も完全に治ってから登園させた方が良いのはわかっていますが、核家族、両親とも小企業に勤める共働き家庭の我が家では仕事を休むこともなかなか難しく、病児保育等のお世話になりつつ、いつも罪悪感でいっぱいです。
こどもたちの発熱→夫と協力しながら&病児保育で乗り切り→夜は看病で眠れない&昼は仕事→こどもたちが治りかけた頃自身が体調を崩し発熱→もちろんすでに欠勤早退遅刻で迷惑をかけている職場にさらに迷惑をかけるのは難しく解熱剤を飲んでどうにか出勤。→病み上がりのこどもたちに栄養をと思っても出来合いのものを食卓に並べることに。情けないことに最早これが冬の年中行事になっています。
今年は私も高熱が続き真剣に、今私が死んだら、自身の奨学金の返済は免除になるし、遺族年金と生命保険で夫とこどもたちはきっと暮らしていける。仕送りしている自身の親も、私が死んだとなれば諦めるだろう。その方が楽かも……と考えてしまいました。
ほとんど愚痴で、すいません。
こどもたちが、風邪をこじらせないために、具体的に親がここだけは押さえておいたほうが最優先ポイントがあれば教えていただけませんか?。
栄養、休養、睡眠をとらせて上げる必要は十分分かっていて出来ないダメ母です。

つづきを読む

違反報告

ゆっきーさんへ

松永正訓

風邪を治す最高の方法は、医者の薬ではなくて、お子さんの免疫力・抵抗力をあげることです。お子さんにとって保育園に行くと言うことは、大人で言えば会社...

風邪を治す最高の方法は、医者の薬ではなくて、お子さんの免疫力・抵抗力をあげることです。お子さんにとって保育園に行くと言うことは、大人で言えば会社に行くようなものです。どうしても疲れが残り、体力が落ちます。すると風邪の治りも悪くなり、熱も下がりにくくなると思います。しかしながらママにもお仕事などがありますから、お子さんが保育園を休むのは容易ではありません。そこが難しいですね。十分な栄養・休養・睡眠を取れるようにがんばってみてください。

つづきを読む

違反報告

ありがとうございました

三児の母

松永先生 お忙しいのに返信ありがとうございました。 子供は自分の体調を上手に説明できないので、大人が日頃から子供を観察しないといけませんね。 我...

松永先生
お忙しいのに返信ありがとうございました。
子供は自分の体調を上手に説明できないので、大人が日頃から子供を観察しないといけませんね。
我が家のかかりつけ小児科クリニックは、看護師さん達が医師の受診前や後に声をかけてくれるので、とても安心です。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事