文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

大阪・中之島に再生医療拠点構想、基本方針を決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
大阪・中之島に再生医療拠点構想、基本方針を決定

 大阪市北区中之島4丁目の市有地を再生医療の拠点とする構想について、大阪府市と関西経済3団体でつくる協議会は16日、基本方針を決めた。

 市有地約1万2000平方メートルのうち西側の約7500平方メートルに、最先端の医療を受けられる病院を併設する「再生医療国際センター」を整備し、2021年度の開業を目指す。

 基本方針によると、同センターでは、再生医療の原材料となるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を保存する「細胞バンク」を設置するほか、細胞移植の安全性や有効性についてのデータ収集・分析、専門分野の人材育成も担う。併設の病院には、臨床研究用の病床50~100床を備える。整備費など詳細な計画は来年3月までにまとめる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事