文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

はつらつ健康指南

健康・ダイエット

フライパンでローストビーフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

手軽に主菜や常備菜

フライパンでローストビーフ

秋元和夫撮影

id=20170214-027-OYTEI50004,rev=6,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 手間がかかる印象のローストビーフは、フライパンでも簡単に作ることができる。おもてなし料理としてだけでなく、日常の主菜として、また作り置きの常備菜としても活用の幅は広い。

 脂身が少ない牛もも肉のブロックを使う。料理家の本田よう一さんは「オーブンで焼く印象がありますが、フライパンを使えば時間がかからず、簡単です」と話す。

 <肉は30分ほどおいて常温にならした後、全面にフォークを刺して数十か所穴を開け、塩をすり込み5分ほどなじませる。水分が出てきたらキッチンペーパーで拭き取る>

 この作業により肉の筋が切れ、塩がなじみ、熱が通りやすくなる。またこの間にソースの材料を混ぜ合わせておく。

 <深めのフライパンを温めオリーブ油を入れる。肉の広い面を下にして入れ、蓋をして中火で2分焼き、反対の面も同様に焼く。キッチンペーパーでフライパンに出た脂を拭いて水を加え、残りの2面も2分ずつ、蓋をして弱火で蒸し焼きにする。途中で水がなくなったら、再度4分の1カップの水を加え、焼く>

 鉄串や竹串を肉の中心部まで刺し、抜いた串先を触ってみて冷たければ焼きが足りない。ほんのり温かければ、ここで肉を取り出す。加熱しすぎると肉が硬くなる。

 <アルミホイルを2枚重ね、取り出した肉をしっかりと包む。火を止めたコンロの近くに置いて30分ほど休ませ、余熱で火を通す>

 食べやすい大きさに切り分けソースを添える。彩りにクレソンなどを付け合わせる。

 赤身肉を使うローストビーフは脂分が少なくヘルシー。作り置きもできるので、失敗なく簡単に作れれば日々の食卓を豊かにできる。

 ローストビーフはご飯にもパンにも合う。アレンジを教えてもらった。

  バゲットサンドイッチ はお弁当にぴったりだ。

 <千切りのニンジンを塩と砂糖でもみ、しんなりしたら水分をよく絞り、酢、オリーブ油であえてキャロットラペを作る。バゲットに縦に2か所の切り込みを入れ、ローストビーフのソースを塗り、キャロットラペと薄切りのローストビーフをそれぞれ挟む>

  ローストビーフ丼 は、ボリュームたっぷりの一品。

 <温めたフライパンにバターを溶かし、ニンニクのすりおろし、しょうゆ、ハチミツを入れとろみが出るまで煮詰めてソースに。丼にご飯を盛り、ローストビーフを載せてソースをかけ、卵黄をのせカイワレ菜を散らす>

 ローストビーフを保存する場合は、塊のままがいい。端の部分を残し、残りの肉の断面と合わせてラップで包むと、切り口が乾かない。冷蔵保存し2、3日で食べきる。

 「パーティーに普段の食卓に、気軽に作ってみてください」と本田さんは話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

はつらつ健康指南の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事