文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

iPSで脊髄治療、来年にも…慶大が学内倫理委に申請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
iPSで脊髄治療、来年にも…慶大が学内倫理委に申請

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って脊髄損傷の患者を治療する臨床研究を、慶応大学のチームが10日、学内の倫理委員会に申請した。

 早ければ来年前半にも開始する。

 臨床研究は、同大の岡野栄之教授(生理学)と中村雅也教授(整形外科)らが実施する。対象は、交通事故などで脊髄を損傷して手足が動かせなくなった18歳以上の7人。京都大学で備蓄している他人のiPS細胞の提供を受け、神経のもとになる細胞を作製して患部に移植し、途切れた神経の回復を図る。

 学内の手続き後、安全性などを評価する国の専門家委員会の了承を得たうえで、来年から2年かけて患者の登録と移植を行い、経過を1年間観察する。チームは、脊髄を損傷したサルやマウスへの移植実験で治療効果を確認した。

 岡野教授によると、国内では毎年約5000人が交通事故などで脊髄を損傷しているが、これまで有効な治療法はなかった。今回の臨床研究の対象は、脊髄を損傷して2~4週間の効果が出やすい患者だが、将来は損傷して長い時間が経過した慢性期の患者の治療にもつなげたい考え。

 NPO法人日本せきずい基金の大浜真理事長は「臨床研究で良い結果が出て、患者の大半を占める慢性期の治療へとつながることを願っている」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事