文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健やかキッズ

妊娠・育児・性の悩み

お手伝い、生活力育む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

興味持ったことから始めて

 お手伝いは、子どもの生活力を育む格好の機会だ。日々の生活の中でタイミングを捉え、積極的に取り組ませたい。

 小学3年生の長男(9)、1年生の長女(7)、次女(3)の3人の子を持つ埼玉県の主婦(36)は、子どもに手伝いを頼んだことがないという。理由は「子どもも忙しいから」。長男と長女は複数の習い事を掛け持ちしている。学校、宿題、習い事、夕食、入浴……あっという間に就寝時間になる。「親としても、手伝ってもらわない方が時間も手間も掛からず楽」と話す。

 東京ガス都市生活研究所が、子育て中の30~40歳代の親を対象に行った調査によると、1993年から2014年の約20年で、子どもの家事(手伝い)参加率は減少している。「ほとんどやらない」子の割合は14年、「買い物」66%、「料理」65%、「掃除」67%、「風呂掃除」68%。1993年に比べて、5~14ポイント増えた。

 同研究所研究員の木村康代さんは「塾や部活動などで、子どもが家にいる時間が減った。多機能家電や宅配といった家事を手助けする製品やサービスが充実したことにより、家事の総量が減っていることも影響しているのでは」と分析する。

 しかし、子どもの成長にとって手伝いの効用は大きい。東京学芸大学教授(発達心理学)の岩立京子さんは「知識や技術が身に付くだけでなく、生活力の基礎になる。達成感を得たり、人の役に立つ経験を重ねたりする中で、自主性や思いやりが培われる」と話す。

 難しく考える必要はない。まず、子どもが興味を抱いたことからやらせてみよう。関心がなさそうな子には、「やってみる?」と声を掛け、誘いに乗ってきたことをさせればよい。「大事なのは、一緒にやること。見守られていることでやりがいも感じます」と岩立さん。お手本がそばにいれば上達も早い。

 もちろん、失敗はつきものだ。幼児教育の専門家で子育てに関する著書も多い立石美津子さんは「叱り付けてやる気を失わせないように」と話す。「今度はこうやってやろうね」と少しずつできるようにさせる余裕を持ちたい。皿洗いなら、割れない樹脂製のものを渡すなど気を配ってあげよう。

 終わったら「きれいになって快適」「助かったよ」「おかげでテレビが一緒に見られるね」などと感謝の言葉を伝えよう。「ママが喜んでくれた」「パパが助かった」と自信になる。

 確かに、子どもに手伝いをさせると、かえって手間がかかることもある。しかし、新聞を取りに行くことや、花木に水をあげるといった簡単な作業なら短時間でできる。「面倒だと思うあまり、家事を身に付けさせる機会を逃さないで」と呼びかける。

 手伝いは一連の作業の一部分をさせることから始め、段階的に作業量を増やしたり、難しいことをさせたりしていく。小学校中学年ぐらいになったら、「金曜日はお風呂当番」などと役割を決め、家族の一員としての責任感を持ってもらってもいい。

 岩立さんは「お手伝いを続けていると段取りや計画性が身に付くので、学習にも役立つ。意識的に機会を設け、できることから始めてほしい」と話している。

■お手伝いは成長に応じて

小学校低学年ぐらいまでは、遊びの延長でよい。子どもの興味を優先する

最初の頃は親も一緒に取り組む。上達しやすく、子どもも楽しい

褒めるだけでなく、「助かった」などと感謝の言葉を掛ける

小学校中学年頃からは、役割として任せることも考える

 (岩立さん、立石さんの話を基に作成)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健やかキッズの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事