文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

俳優 杉良太郎さん

一病息災

[俳優 杉良太郎さん]大動脈弁狭窄症(5)術後1年、運動欠かさず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 以前から兆候はあった。2010年に受けた人間ドックで大動脈弁が石灰化していると言われたが、石灰化の意味がわからなかった。立ち上がった時にくらっとめまいがすることがあり、次第に増えていったが、15年に心不全で倒れるまで、大動脈弁 狭窄きょうさく 症の症状だとは思わなかった。

[俳優 杉良太郎さん]大動脈弁狭窄症(5)術後1年、運動欠かさず

 「人間はあすもあさっても生きていると思いがちだが、後遺症が残れば、金銭的にも精神的にも家族に負担をかける。早めに検査、治療を受けてほしい」と呼びかける。

 手術から1年余。体調は安定しているが、すべてが解決したとは思っていない。大動脈弁狭窄の原因となった動脈硬化は全身に及んでいるからだ。血圧が高いので食事は塩分を抑え、運動も欠かさない。

 昨年8月、自ら作詞した楽曲「ひとり旅」を出した。10月には文化功労者に選ばれた。歌手・俳優の実績だけでなく、ベトナムの孤児の里親になったり、アジアの子どもたちが制作した映像作品を集めた「アジア国際子ども映画祭」を続けたりする活動も評価された。

 海外の知己も増え、「国の首脳は変わっても、文化交流で深まった絆は途絶えない」と感じている。「せっかくつないだ命。平和のために海外に文化を発信していきたい」

 (文・館林牧子、写真・三輪洋子)

  俳優  (すぎ)   良太郎(りょうたろう) さん(72)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

俳優 杉良太郎さん

最新記事