文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

別の患者の薬と取り違え誤投与、翌日に男児死亡…東大病院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東大病院(東京都文京区)で2015年、入院中の幼い男児に薬剤を投与する際、別の患者のものと取り違えるミスがあったことがわかった。

 男児は投与の翌日に死亡したという。同大は「死亡との因果関係についての医学的な判断は困難だが、誤注入が何らかの影響を与えた可能性がある」としている。

 同大の発表によると、男児は当時、多臓器障害で入院中だった。感染症を患い、医療器具を使って胃に薬剤を注入する際、看護師が別の患者用の薬剤を誤って投与した。薬剤に男児の名前が記されているか確認していなかったという。男児は投与後、血圧が下がり、翌日に死亡した。

 遺族側代理人によると、誤って投与されたのは、抗てんかん薬などだったという。

 男児の母親は31日、代理人を通じて「薬剤の管理がずさんで、誰もが被害者となり得る状況だった」とするコメントを公表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事