文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

認知症のはてな

連載

[認知症のはてな](10)レビー小体型、幻視が特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

専門医少なく誤診も

[認知症のはてな](10)レビー小体型、幻視が特徴
id=20170130-027-OYTEI50017,rev=4,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

大脳皮質に現れたレビー小体(小阪医師提供)

 「レビー小体型認知症」をご存じだろうか。アルツハイマー型、脳血管性と並ぶ三大認知症の一つで、存在しない物や人が見える「幻視」が特徴的な症状だ。全国的に専門医が不足しており、困っている患者や家族は多い。信頼できる医師の見つけ方や支援グループの活動を紹介する。

  ■「ネズミが見える」

 「ゴキブリやネズミが走っているのが見えるんです。実際にはいないと、自分でもわかってますが……」。横浜市に住む男性(71)は、そう話し始めた。

 約6年前、会社を定年退職した頃から物忘れが始まった。妻を別人と勘違いし、妻と2人の旅先で「姉さんや兄さんはどこへ行った?」とたずねたこともあった。

 物忘れや認知症を診察するクリニックでは、ただ「軽度の認知症」との診断。それにしては、幻視が治まらないなど特異な症状に悩まされ続けた。

20170130-027-oytei50018-120

 妻はインターネットなどで調べ、「軽い認知症とは思えない」と疑った。昨年6月、横浜市内の診療所に横浜市立大名誉教授の小阪憲司医師(77)=写真=を訪ね、「レビー小体型認知症」と診断された。

 レビー小体型認知症は、小阪医師が1976年以降の研究で発見した。レビー小体という特殊な物質が大脳皮質に多数現れて、幻視などを生じさせる。頭がはっきりしている時とぼうっとしている時の差が大きく、大声で寝言を言うなど睡眠時の異常行動などもある。

 小阪医師は「薬の適切な処方などで症状の進行を遅らせることができる場合もある」と話す。だが、詳しい医師は少なく、アルツハイマー型認知症や統合失調症などと誤診されるケースも多いため、「診察に納得できなければセカンドオピニオン(別の医師の意見)を求めて」と助言する。

  ■症状否定しない

 支える家族や介護者にも、病気の知識と配慮が必要だ。

id=20170130-027-OYTEI50016,rev=4,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

今月16日に開かれたレビー小体型認知症サポートネットワーク神奈川の交流会。患者や家族らが治療上の不安などを語り合った(神奈川県相模原市で)

 幻視は、アルツハイマー型など他の認知症ではあまり見られない症状だ。家の中で遊ぶ子どもや、行進する兵隊などがありありと見えたり、ガが飛んでいるのが見えて殺虫剤をまいたりする例も。大切なのは、幻視を強く否定しないことだ。本人の話をよく聞き、安心できるよう言葉をかける。

 動作が遅い、倒れやすいなどの「パーキンソン症状」もみられるため、段差の解消など住環境も整えたい。

  ■広がる交流の場

 患者や家族が情報交換できるよう、「レビー小体型認知症サポートネットワーク」( http://dlbsn.org/ )の取り組みが広がってきた。東京都や神奈川県、兵庫県など18地域にあり、交流会を開いて医師などへの質問もできるようにしている。

 神奈川県相模原市で今月16日に開かれた「ネットワーク神奈川」の交流会には約30人が参加。「主治医が病気についてよくわかっていないようで不安」などの声があがった。母(83)を介護する東京都内の渋谷真弓さん(53)は、「通院の際、母の状況を紙に書いて持って行く」と話した。生活や心身の状況など約20項目を書き出し、特に読んでほしい部分に線を引いて医師に渡すという。

 臨床心理士でネットワーク神奈川の代表を務める藤井博子さん(58)は、「患者や家族が知識や経験を共有することは重要。介護関係者にも理解を広げていきたい」と参加を呼びかけている。

認知症全体の20%か

 厚生労働省の研究事業によると、認知症全体に占めるレビー小体型の割合は4.3%。アルツハイマー型(67.6%)、脳血管性(19.5%)に次いで多い。だが小阪医師は、誤診の可能性や海外での発症率を考慮し、「全体の約20%がレビー小体型ではないか」とみている。

 厚労省によると、65歳以上の認知症の人は、2015年に全国で推計517万~525万人。20%と仮定すると、レビー小体型は100万人以上に上る。気になる人は、小阪医師作成のチェックリストを試してほしい。(安田武晴)

 (2017年1月29日 読売新聞朝刊掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

連載の一覧を見る

認知症のはてな

最新記事