文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

6件 のコメント

コメントを書く

歴史を伝える必要

oyunam

ただ「生物学的な命」をいくら説いても、
生き物は必ず死ぬという必然の前では、
「個人の生」を主眼にした「命の大切さ」は
虚しさを伝えるだけではないでしょうか。

「個人の生」だけを見れば、
そこにあるのは原罪ばかりです。
真剣に考えれば
「生きていてごめんなさい」にしかならない。

私はやはり「歴史」を教えるべきだと考えます。
「あなたの命はあなただけのものではない」
歴史を学ぶことでそのことが実感できると思います。
その上でようやく「命の大切さ」を実感できるのでは
ないでしょうか。

ちなみに「人間と動物との違い」は
「獲得形質をDNA以外の方法で遺伝させることができる唯一の生物」である
ということだと考えています。

違反報告

赤ちゃんポストに入れられた子供は…

miyagikenjin

神戸市北区にある助産院に全国2番目の赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)が設置されることが2/9報道されました。

関西での設置を目指すNPO法人「こうのとりのゆりかごin関西」が明らかにしました。

助産院には医師は常駐してないこともあるので、神戸市は助産院でのゆりかご設置は認めないとの判断を示しているといい、同法人は嘱託医師の確保や、医療面の支援体制の整備を目指しているという。

宋医師は助産院とNPO法人の今回の取り組みをどう考えていますか?
コウノドリの作者鈴ノ木ユウさんはこのテーマを漫画にするとしたらどう描くのでしょうか。

「誕生学」を考えると、赤ちゃんポストを経験した子供には複雑。

違反報告

いつも読んでいます。

アリス

誕生学に関連するかわかりませんが、助産師が学校に来て子供と母で抱きあって陣痛を体験!みたいなイベントを学校でやっていると妊娠中に聞きました。
私は下から産みましたが、切迫早産だったため、たいしていたくもなくツルッと産みましたので、みんなお母さんが頑張って陣痛を乗り気って産んだんだよ的な話をされると違和感があります。
安静が続いた妊娠中の方がよっぽど大変でした。
帝王切開の人など出産にも色々パターンがあり、また、養子などの場合もあるため、画一的にとりあげるのはやはり学校教育にはふさわしくないと思います。

違反報告

頭の目心の目

りつこ

親学というのもありましたね。いろいろと出てくるものですね。
これが車の運転なら、教習所で交通規則の講義を受けて、効率よく頭に入れて。多少譲り合い精神のようなものはいるにしても、基本、運転は感情より理屈優先でないと危険でしょう。
だけど、子どもの親になることや、命が貴くてすごいってこと、これらをレクチャーで教えて学んで実践して、うまくいくのですか?
自分で失敗を繰り返したり、泣いたり笑ったり、無駄にも見える時間と日々の繰り返し、まどろっこしい人と人の関わり、あるいは、本や映画、ニュースに触れるとかの毎日の些細なことの積み重ね・・・長い年月かけて肌身で覚えるものであって、効率よく誰かから理屈を教わって頭に入れて役立つものだとはあまり思えません。
一番怖いのは、頭の目で物を見ている時は心の目が閉じがちになること、心の目が養われなくなることでしょう。こういうものは、全部を頭で学んではいけない。分からない人には無駄でまどろっこしいことを一からやり直すしかないのでは。
だけど、この調子では、そのうち「恋愛学」の推進団体でもできて、全国の自治体や学校へ講師が派遣され、メソッドを普及してくれる日が来るかもしれませんね。

違反報告

子供に言っておきます

教える側の親です

誕生学についてはわかりました。
教諭免許をもっているわたしの子供にも気をつけるように言っておきます。
子供の教諭免許は体育教諭免許です。
今体育の授業は事故問題として話題ですから相当注意してやっています。
骨折って簡単に発生しますから注意したいものです。心の骨折も簡単に発生しますので安易に言葉でどうにかしようという考えはやめたほうがいいと考えています。

違反報告

悪循環を断ち切るには

寒ツバキ

昨今の競争格差社会では往々にして生まれた家庭の環境で将来が決まってしまう、そんな悲しい時代になってしまいました。未来がありながらそこで浮かばれない子供たちに何を与えればいいのか、私は言葉による理想像を押しつけるのではなく、金銭にしろ教育にしろ障害を除去し可能性を広げるツール、浮き上がるチャンスのみが必要だと思います。
武井壮というタレントがいますね。彼は両親の愛に恵まれず、兄も早くに亡くすという不幸な境遇にありながらも、勉学に励み特待生の学費免除、奨学金を得て大学まで進んでスポーツでも成果を残したことは周知の事実。かつて「同情するよりカネをくれ」というフレーズが有名になったテレビドラマがありましたけれども、まさにそれが現実だと思います。
そしてそれにコストがかかろうとも明るい社会という結果で皆に恩恵を与えることを政治も訴え推進すべきであると思います。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。