文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

精神疾患と生きる(4)変調をグラフ化 仕事調整

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
エスピスの評価結果を見ながら談笑する奥脇さん(左)とAさん(大阪市の奥進システムで)  会社での仕事中、様々な考えが脳裏を駆け巡って混乱し、思わず「ワーッ」と叫びたくなる。それは、気分の大きな変動などの精神疾患を患う男性Aさん(49)にとって、心の変調を示す兆候の一つだ。放置すると症状が悪化し、長期休職につながる恐れがある。  だが、会社が精神疾患の人向けの就労定着支援システム「 SPIS(エスピ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事