文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

花粉飛散ピークは例年並み…九州北部などで2月上旬から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本気象協会は17日、花粉飛散のピーク予測を発表した。東京はスギ花粉が3月上中旬、ヒノキ花粉が4月上中旬で、いずれも例年並み。

 スギ花粉のピークは、福岡が2月下旬~3月上旬、東京と名古屋、大阪、広島、高松が3月上旬~中旬、仙台と金沢が3月中旬~下旬。ヒノキ花粉は、福岡が3月中旬~4月上旬、大阪と高松が3月下旬~4月中旬、東京と広島が4月上旬~中旬、名古屋は4月中旬がピークで、仙台と金沢は飛散量が少なく、はっきりとしたピークはない。東海・中国・四国の一部や九州北部では2月上旬から花粉シーズンが始まるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事