文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

深層プラス for yomiDr.

ニュース・解説

40歳以上の8割が歯周病患者…認知症や脳梗塞の原因にも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 40歳以上の日本人の8割がかかっていると言われる歯周病は、糖尿病や動脈硬化から、脳梗塞、認知症などの原因にもつながる病気だ。BS日テレ「深層NEWS」では、歯周病の最新ケアや予防法などについて、日本歯科大学生命歯学部教授の沼部幸博さん、同大附属病院臨床教授の倉治ななえさんに聞いた。(構成 読売新聞専門委員・松井正)

――日本では実に40歳以上の8割が歯周病だそうですが、そもそも自覚症状はないのでしょうか?

沼部  最初のサインに気付かないと、知らず知らずのうちに進むのが歯周病。特に、初期では歯茎が痛くなったりしないので、歯医者に行って見つかった時には、かなり進んでいるというのが恐ろしいところです。

40歳以上の8割が歯周病患者…認知症や脳梗塞の原因にも?

図1 健康な歯と歯周病の歯の比較(BS日テレ「深層NEWS」より)

――そもそもどんな病気なのでしょうか?

沼部  健康な状態だと歯茎はピンク色で、歯と歯茎の境目が引き締まっています。だいたい0.5~2ミリぐらいの溝の深さですが、歯周病になるとこの境目に汚れがたまり、歯茎が腫れてきます。この汚れを「プラーク」と呼び、硬くなると歯石になります。

id=20170113-027-OYTEI50006,rev=4,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true

図2 BS日テレ「深層NEWS」より

 このプラークが歯周病を進行させ、図の2番目までを歯肉炎と呼び、それよりひどくなると歯周炎と呼ばれる段階になります。3、4、5と進むに従って、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の境目が深くなります。さらに、歯を支える骨やその他の組織が壊れると、最後に6のように抜けてしまいます。これが歯周病の最後です。

――原因は何なのでしょうか?

沼部  プラークは病原菌の塊です。元々は虫歯菌が砂糖を使ってネバネバしたものを作り、その中に虫歯菌と歯周病菌が一緒にすむようになります。それが歯茎に入り込もうとすると、我々の体はそれを防ごうとして戦いが起こり、炎症が起きます。歯茎が腫れたり赤くなったりします。

――歯医者に行くと、よく「ポケットを測ってみましょう」と言われますが、まさにこれを計っているわけですね?

倉治  このポケットの深さを測る検査です。予防のため健康なうちから通う方は、その溝も浅いのですが、重症になってくると深くなり、3や4の段階で来られる方もいます。できるだけ早い段階で来ていただきたいですね。

自覚なしに進む症状

――図の何番ぐらいから、歯周病の自覚が出るのでしょうか?

沼部  実は2の段階から症状はあるのですが、気付かない、もしくは放っておいてしまう。そして3になると歯が少しずつ揺れ始め、「何かおかしいぞ」と思う。4や5になると「これは大変だ」となります。

――結果的に歯を失う怖い病気ですが、どの段階でなら治るのでしょうか?

沼部  できれば2番で気付いていただきたいです。歯周炎になり失われてしまった骨は、完全には治りにくいからです。

――昔のコマーシャルで「リンゴをかじると歯茎から血が出ませんか?」というのがありましたが。

沼部  それが2以降の段階です。

――種の菌だということですが、これは人から人にうつるのでしょうか?

沼部  歯周病菌は元々、口の中にいる菌です。例えばキスをするとうつるという話もありますが、うつっても口の中に定着して悪さをしなければいい。ところが多くの人は、そこで悪さをするすみかを提供してしまうのです。それが先ほどのプラークです。

虫歯菌と歯周病菌の違い

――虫歯菌と歯周病菌は、そもそもどう違うのでしょうか?

id=20170113-027-OYTEI50007,rev=4,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true

図3 虫歯菌と歯周病菌(BS日テレ「深層NEWS」より)

倉治  ミュータンス菌と呼ばれる虫歯菌は、赤ちゃんの頃にお母さんからうつります。ところが歯周病菌は産道感染といって、生まれる時にもらってしまう可能性が高い。虫歯菌がうつることの予防は可能ですが、歯周病菌を完全になくすのは難しいと思います。

――虫歯にならない人は歯周病にもならない、というのは間違いなのですね?

沼部  虫歯になりやすい人、なりにくい人。歯周病になりやすい人、なりにくい人がいて、あくまでその人の菌に対する感受性の問題となります。菌同士で張り合っているわけではありません。

様々な病気に関係

――歯周病と関係する病気には、どのようなものがあるのですか?

id=20170113-027-OYTEI50008,rev=4,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true

図4 BS日テレ「深層NEWS」より

沼部  歯周病の場所には菌が増え、炎症物質もたまり、それらが全身に散らばります。例えば血管にたどり着くと動脈硬化を引き起こし、心臓なら狭心症や心筋梗塞、脳なら脳梗塞につながります。また炎症物質が全身に散らばると、早産や低体重児出産など、出産の時期や子宮の収縮時期を早めてしまうこともわかっています。糖尿病との関わりも指摘されています。

倉治  かなり昔、心臓外科医の先生が心臓の手術をしたところ、心臓の血管内から歯周病菌が見つかったこともあります。「もうちょっと歯医者さん頑張ってよ」というお話でした。口にいるはずの歯周病菌が心臓で見つかった、血液を通して流れていったということの証明の一端ですね。

沼部  大事なのは、治療をせずに歯周病が持続することが危険だという点です。菌を放っておくと、常に菌が体中を巡るようになり、非常に危険です。

認知症も引き起こす

――認知症が関係あるというのはショッキングです。

倉治  認知症は歯の本数と関係があり、歯周病が直接影響するというわけではありませんが、歯を失いやすい点で重要です。実はほとんどの歯を失ったのに入れ歯をしていない人は、歯が20本以上ある人より、1.9倍も認知症の割合が高いとされているのです。

id=20170113-027-OYTEI50009,rev=4,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true

図5 BS日テレ「深層NEWS」より

――歯があるかないかが、認知症と関係があるのですか?

倉治  歯をほとんど失った後、認知症の発症割合がどうなるかを調べた研究があります。差し歯や入れ歯などの義歯を入れない人は、発症割合が高く、逆に義歯を入れた人は、20本以上歯が残っている人とも遜色ありません。「歯がなくなったから私はもうダメだ」と思わず、ピッタリ合った入れ歯を入れておけば、認知症の発症率も抑えられる点には注目してほしいと思います。

 もちろん見た目は、人が尊厳を持って生きる上で重要ですが、歯はそれ以外にも機能面で非常に大切な器官なのです。

――歯が抜ける原因の多くが歯周病だということは、気になりますね。

id=20170113-027-OYTEI50010,rev=4,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true

図6 BS日テレ「深層NEWS」より

沼部  歯を失う原因の約4割が歯周病、虫歯が3割ぐらいと言われています。歯周病や虫歯で歯を失い、その後入れ歯などを入れずにいると、認知症になる確率も高くなってしまうのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

深層プラス for yomiDr.の一覧を見る

最新記事