文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

女性医師の診療、低い死亡率…米の内科調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 女性の内科医が診る入院患者は、男性の内科医が診る患者よりも死亡率が低いという米国での分析結果を、米ハーバード大学の津川友介研究員(医療政策)らがまとめた。男女の診察方法の違いを調べることで、医療の質向上につながると期待される。米医師会雑誌に発表した。

 2011~14年に米国で入院した65歳以上の患者約150万人分の診療記録などを使い、男女の医師で患者の経過に違いがあるかを調べた。約5万8000人の内科医が対象となった。

 女性医師が診た患者が入院から30日以内に亡くなった割合は11・07%だったが、男性医師の場合は11・49%だった。男性医師の患者の死亡率が女性医師の患者並みに下がれば、米国の65歳以上の死亡数を年間約3万2000人減らせるという。

 退院後30日以内に再入院する割合も女性医師の患者の方が低かった。女性医師の方が、診療ガイドライン(指針)に沿うなど慎重に治療していることが分析結果に影響したとみている。

 橋本英樹・東京大学教授(保健社会行動学)は「米国で医師の性別でなぜ差が出たのか、調べる必要がある。日本でも同様の分析を試みる価値はある」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事