文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

ニュース・解説

脳梗塞の血管内治療…ステント使い血栓を除去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 脳梗塞で倒れた患者の血管に詰まった血の塊(血栓)を、細い管(カテーテル)で取り除く「血管内治療」。新しい機器が登場し、海外の大規模な臨床試験で相次いで有効性が示された。国内の関連学会も「なくてはならない治療」と訴え、全国どこでも受けられる治療にするための取り組みが始まっている。 (森井雄一)  脳梗塞は、血栓などが脳の血管に詰まり、脳の一部が死んでしまう病気。国内では年間約20万人が発症し、6万…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事