文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」

コラム

大統領になると寿命を縮める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。

 予防医学研究者の石川です。

 少し前のことになりますが、アメリカで大統領選挙がありました。

  普段から論文を読み過ぎているせいか、どんな事柄をみても、私の頭はそれと関連する何らかの研究がパッと出てくるようになっているのですが、その時に思い出した研究は以下のようなものでした。

 「大統領になると、早く老化するか?:欧米17か国の首脳調査」

 研究はコチラ→http://www.bmj.com/content/bmj/351/bmj.h6424.full.pdf

 権威ある英国BMJ誌に掲載されたこの研究は、ハーバード大学のアヌパム・ジェナ准教授らによって行われました。1722~2015年の間に、欧米17か国で大統領や首相に選ばれた279人は、選ばれなかった261人と比べて寿命がどの程度違うのか調べたものです。

落選した人より2.7年短い寿命…研究結果

大統領選挙の投票カット

 直感的には、一国の首脳に選ばれるということは、健康上はまったく異なる作用が同時に働きそうです。つまり、一般の人では受けることができない高度な医療を受けて長生きする作用と、多大なるストレスやプレッシャーから命を縮める作用です。

 もちろん、両方とも働くのでしょうが、結果としてどちらの力が強く働くのでしょうか?研究によれば、次のような結論になったそうです。

 「大統領や首相に選ばれた人たちは、その候補者たちより2.7年寿命が短くなった」

 あまりに高い役職につくことは、不健康につながるといえます。でも、鋭い読者の方は、「それは話が違うじゃないか!?」とおっしゃるかもしれません。

 はい、その通りです。私は以前のブログで、「地域で役割ある高齢者は長生き」という内容をご紹介させていただきました。たとえば老人会などで会長などの役職に就いた人は長生きするという内容だったのですが、この大統領の研究から推測するに、たとえ地域での役割であっても、あまりにストレスやプレッシャーが強い場合はむしろマイナスに働くかもしれませんね。

 ……でも、こうしてみていくと健康に関する情報は、本当にややこしいですね。あまりにケース・バイ・ケースすぎるというか、バランスが大事というか。どんなに薄い紙でも表と裏があるように、どんな健康法についても、おそらく必ず良い面と悪い面があるので、一概にこうと言い切ることが難しいです。

どんな健康法にも両面がある

 例えば、老化やがんを引き起こすといわれる、活性酸素。テレビなどでもよく目にしますし、「活性酸素は体に悪い」ことは、もはや常識にすらなっているかもしれません。だからこそ、活性酸素から体を守ってくれる、ビタミンCやビタミンEが飛ぶように売れているのでしょう。

 けれども、活性酸素は完全な悪者、ともいえないことが分かっています。一部の活性酸素は、がんの発生を抑える働きをしています。そのため、ビタミンEなどを飲んで活性酸素を抑え込んでしまうと、むしろ体に逆効果ということにすらなりかねないのです。

 ビタミンEと前立腺がんの関係を調べた研究があるのですが、健康な男性約35,000人を対象に7~12年間追跡調査したところ、ビタミンEを摂取した男性は、そうでない男性に比べて、前立腺がんになる確率が17%高かったそうです。

研究はコチラ→https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4169010/

 もちろん、この研究に対して突っ込むポイントはたくさんあるのですが、専門的な話になりすぎるのでここでやめます。どうしても知りたい方は、ぜひ疫学を学び、ご自身で判断してみてください。

 うーん、なんだかまとまりのないブログになってしまいましたが、今後も懲りずにお付き合いいただけるとありがたいです。

 それではまた次回!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

予防医学研究者・石川善樹の『続けたくなる健康法』_顔120px

石川善樹(いしかわ よしき)

 予防医学研究者・医学博士。(株)Campus for H共同創業者。1981年 広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学にて博士(医学)取得。「人がより良く生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と共同研究を行う。専門分野は予防医学、行動科学、機械創造学、マーケティング等。

 著書に「疲れない脳をつくる生活習慣」(プレジデント社)など。最新刊「ノーリバウンド・ダイエット」(なとみみわさんとの共著、法研)が2017年1月19日に発売。

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事