文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

こころ元気塾

医療・健康・介護のニュース・解説

「かわいい」とは?…「見守りたい」を呼び起こす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

曲線系、中間色、ふさふさ…

 タレ目の小動物やよちよち歩きの赤ちゃん、今をときめくアイドルグループなどを形容する時に使われる「かわいい」。アニメやマンガなどを通じ、「KAWAII」は今や世界共通の言葉だが、そもそも「かわいい」って何だろう。

「かわいい」とは?…「見守りたい」を呼び起こす

リモノに乗る根津さん。「1台約100万円の1人乗りモデルを2018年春から販売したい」と話す

 ゆるやかな曲線を描いた車体。布製のもこもこした質感。澄みわたる青空を連想させる色。そしてアニメのキャラクターのような愛らしい見た目――。2人乗りの小型電気自動車「rimOnO(リモノ)」は9月、「 かわいい感性デザイン賞 」最優秀賞を受賞した。この賞は、感性に訴えるものづくりを学問的に検証する日本感性工学会が主催している。

 リモノは全長2・2メートルと通常のセダンの半分程度のコンパクトサイズで、交換式の電池で走る。車と同じ社名の自動車ベンチャー企業「リモノ」(東京)が開発した。

 高齢者による車の事故が相次ぐ中、誰もが安心して運転できる安全性が売り物だが、見た目にも知恵を絞った。リモノをデザインした同社取締役の根津孝太さん(47)は「『かわいい』は人の心を豊かにする。誰からも愛される形を目指した」と語る。

 同賞の審査員長で、芝浦工業大教授の大倉典子さん(情報工学)は「リモノには『かわいい』がギュッと詰まっている」と語る。

 大倉さんは形や色、大きさ、材質などの側面から、「かわいい」人工物を構成する要素を研究している。

 人が何をかわいいと感じるかがわかれば、それを取り入れることで製品価値を向上させられると考えるからだ。

 主に20歳代の男女を対象に調査すると、〈1〉直方体など直線系よりもドーナツ形など曲線系〈2〉基本5色(赤・黄・緑・青・紫)よりも色が混じった中間色〈3〉大きいよりも小さい〈4〉「ごつごつ」よりも「ふさふさ」「もこもこ」の質感・触感――がかわいいを構成する要素とわかった。大倉さんは「『かわいい』は、技術力などと共に製品の価値を決める。かわいいモノが増えれば、日本製品は国内外でもっと売れるようになる」と話す。

 大阪大教授の 入戸野にっとの 宏さん(実験心理学)は心理学者の見地から、「緊張を感じさせず、そばにいたい、見守りたいという肯定的な感情を呼び起こす対象を、私たちは『かわいい』と呼ぶのではないか」と言う。

 ハローキティやポケモンなど、日本発のかわいい文化は世界中を席巻している。なぜ今、かわいいが人を引きつけるのか。

 学習院大教授の遠藤薫さん(文化社会学)によると、かわいい文化は、完全でなかったり、未成熟だったりするものを貴ぶのが特徴だ。平安時代に清少納言が書いた「枕草子」にもみられるなど、古くからあり、成熟した肉体美を表現したミロのビーナスなどの西洋文化とは対極の関係という。

 遠藤さんは「経済格差が広がる中、強い者が正しいという風潮は国内外で強まっている。でも、誰もが強者になれるわけではない。見捨てられがちな弱者の価値を認める『かわいい文化』が流行するのは、そうした風潮への反発なのではないか」と指摘している。

  かわいい感性デザイン賞  「かわいい」という感性価値の意義を知ってもらうのが狙いで、服飾品や雑貨、工業製品などが対象。今年で4回目。ホームページ( http://kawaii-award.org/ )で歴代受賞作を確認できる。   (加納昭彦 写真も)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

こころ元気塾の一覧を見る

最新記事