文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健やかキッズ

妊娠・育児・性の悩み

鼻水の放置 中耳炎の原因…鼻のかみ方 片方ずつ小刻み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
鼻水の放置 中耳炎の原因…鼻のかみ方 片方ずつ小刻み

 冬が本格化し、子どもの鼻水に手を焼く親が多いだろう。鼻水は風邪の一症状であると同時に、放っておくと、中耳炎を引き起こすこともある。鼻水をすすらず、小さいうちから正しい方法でかむ癖を身につけさせたい。

 埼玉県草加市の主婦(34)は、3歳の長男が鼻を上手にかめずに困っている。「ティッシュを渡して『チーンして』と言っても、鼻の下の辺りを拭くだけで、鼻から息を出せない」と話す。

  ■2歳過ぎたら練習

 岩武耳鼻咽喉科医院(神奈川県鎌倉市)院長の岩武博也さんは、「ひとりで鼻をかめるようになる年齢には個人差があるが、目安として2歳を過ぎたら、親と一緒に練習してほしい」と話す。岩武さんが勧めるのは、例えばティッシュを鼻先に垂らし、「フン」と鼻息を吐いて動かす練習だ。子どもによっては、できるまでに時間がかかることもあるので、親は焦らず、遊び感覚でできるよう、サポートしたい。

 ただし、意識して鼻息を出せても、正しいかみ方を知らなければ意味がない。大王製紙(東京)が今年初め、15歳以下の子を持つ母親1000人に行ったインターネット調査によると、母親の5割、子どもの6割が正しく鼻をかめていなかった。子どもに鼻のかみ方を教えたことがある母親の約3割は、間違ったかみ方を教えていたという。

  ■力入れると痛み、鼻血

 岩武さんによると、片方の小鼻を押さえてもう一方をかむなど、片方ずつ小刻みにそっとかむのが、正しい鼻のかみ方だ。強くかむと耳が痛くなったり、鼻血が出たりする。

 「大事なのは、鼻をすすらず、こまめにかむ癖をつけさせることです」と話すのは、アリス耳鼻咽喉科(千葉市)院長の工藤典代さん。

 工藤さんによると、そもそも鼻水は、鼻から吸い込んだ空気に湿り気を加えるために分泌される。通常の分泌量なら問題ないが、細菌やウイルスなどの異物が入ってくると、それを流し出そうと多量に出てくる。水っぽくて透明の鼻水が出れば、恐らくは風邪の症状だ。一方、黄色や緑で粘り気のある鼻水なら、 鼻腔びくう が疑われるという。

 「一番よくないのは、鼻水を軽く考えて放っておくこと」と工藤さん。鼻づまりで鼻呼吸ができなくなると、集中力がなくなったり、口呼吸でのどを痛めたりする。鼻をかまないで、いつまでも鼻水をためておけば、鼻の中で有害な細菌などが繁殖するおそれがある。その鼻水が中耳に入り込み、中耳炎を引き起こす例も多い。

 工藤さんは、「鼻水を垂らしていない子も注意は必要。鼻ばかりいじって落ち着かない子だと思っていたら、アレルギー性鼻炎だったということもある。おかしいなと思ったら、早めに耳鼻科を受診して」と話している。

  副鼻腔炎  鼻の奥にある骨で囲まれた空洞「副鼻腔」に細菌などが侵入することで起こる。内部の粘膜が炎症を起こして膨れあがるなどし、鼻づまりや頭痛の原因となる。慢性化したものは「蓄のう症」の名で知られ、子どもにも多く見られる。治療に手術が必要な場合も。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健やかキッズの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事