文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

医療・健康・介護のコラム

ウェルクだけの問題? 怪しい健康情報を発信するメディアは猛省を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ウェルクだけの問題? 怪しい健康情報を発信するメディアは猛省を

子どもは風の子。付き合う親は辛いです……

 ウイルス性の胃腸炎が流行しているようですね。保育園児の息子を皮切りに娘と私も感染し、 嘔吐おうと して大変でした。1日でガリガリになりましたが、脱水によるもので、すぐに元に戻りそうです。インフルエンザも流行しているようですし(我が家は全員ワクチン接種済み)、冬本番というところでしょうか。皆様もどうぞお気をつけください。

複数コラムサイトが非公開に

 ようやく、いい加減な健康情報をもっともらしく載せていたコラムサイトが大炎上し、ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営するインターネットサイト「WELQ(ウェルク)」を初め、大手が運営するサイトが複数非公開に追い込まれました。私は主にネット上に 蔓延まんえん する眉唾健康情報に対し、真偽を検証したり流出元に警告したりして戦ってきましたが、大手が大量に生産するとんでもない内容のコラムに疲弊しきっていたので( トンデモ情報の寄せ集め? コラムサイトにご用心 )ようやく大炎上して社会問題になって うれ しい限りです。

テレビや新聞、雑誌、書籍だって人ごとではない

 しかし、テレビでこの件が取り上げられるのを見ていると、違和感を覚えざるを得ません。今でこそネットの影響力に押されているテレビですが、これまでにテレビが流してきた怪しげな健康情報については知らんぷりでしょうか。新聞、雑誌や書籍だって、今回のことを人ごとのように批判できるでしょうか。

 特にベストセラーになった健康関連の書籍の中には、がんの放置を勧めるものなど、専門家から見ると有害とも言えるものは少なくありません。以前そのような本の制作に関わったライターと議論したことがありますが、制作サイドは「事実と異なる内容だと知りながら、 もう けのために出版している」のではなく、「著者の言説を完全に信じて出版している」ということが分かり、 愕然がくぜん としました。

 出版業界はいわゆる文系学部出身の人が多いため、基本的な体の仕組みに関する知識やヘルスリテラシー(健康情報を見極める能力)を持った人材が不足しているのだと思います(ちなみに、私はヨミドクターの記事作成や運営に関わる読売新聞医療部をとても信頼していますし、必ずしも医療系学部の出身者である必要はないとは思います)。

 また、一般向け書籍の制作には論理よりも感性が重んじられ、内容の正確性よりも「それ、売れそう」ということが重要視されるという点も大きいと思います(これがネットだと、「それ、クリックされそう」ということになります)。

「医師監修」「医師執筆」でも安心できない

 ネットの世界で大手の運営するコラムサイトのうち、健康情報を扱うサイトは、いったん非公開になったところが多いようです。内容を確認の上、順次公開するとされていたりしますが、内容の質を担保するのはなかなか難しいでしょうから、健康に関する情報発信から手を引くというところも現れそうです。

 一方で、大手ではないコラムサイトでいまだに不正確な情報を流し続けているところもありますし、裏に商品の販売が絡んだもっともらしいサイトなど、現在も怪しい情報は多く流れています。

 医療監修がついていたり医師が執筆していたりしても、必ずしも内容が正確とは限らないことが問題を深くしています。(私自身を含め)医師にも専門分野や主義主張があり、医師免許を持った人が書いているから「正しい」ということではありません。健康情報に限ったことではないでしょうが、なるべく正確な情報を発信するには執筆者と編集部の不断の努力が必要であり、それには当然ながらコストと労力がかかるため、安易に考えていたところは中止するのが無難かもしれません。

公的機関が正しい情報発信を

 健康情報に関しては、厚労省や各種学会、大学病院などの公的な役割を持つ機関や団体が積極的かつタイムリーに発信していくといいと思います。できれば、検索エンジン側でもそういう機関のページを優先的に表示するなど、利用者をなるべく妥当な情報へ誘導する仕組みになるといいな、などと妄想します。

 私自身は自分が情報発信すると同時に、ライターや編集者向けの女性ヘルスケアセミナーを開くなど、発信側の人たちに“眉唾健康情報”を流さないように学ぶ機会を持つなど、少しでも「ネットにこう書いていたのですが本当でしょうか」「ネットを見て不安になって眠れません」という患者さんが減るようにできることをしています。ようやく「売れてナンボ」がまかり通らない時代になったということなので、これを機に良い方向へ変わるといいなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

3件 のコメント

コメントを書く

患者の疾患理解の過程と心理のメカニズム

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

一部薬剤の薬局解禁に続き、セルフメディケーション税制が始まりました。 メリットもデメリットもありますが、デメリットとしては患者の心理と強く結びつ...

一部薬剤の薬局解禁に続き、セルフメディケーション税制が始まりました。
メリットもデメリットもありますが、デメリットとしては患者の心理と強く結びついた疾患モデル(疾患理解)が誤っているときにどんどん病状が悪化する可能性があるということです。
(そこに旧来の1次医療機関とかかりつけ薬局の競合の問題も重なる危険性があります。)

母乳と人工乳の論争なんかが典型ですが、理想(理論的ベスト)と現実(多数の答えから選ぶベター)な答えは違いますし、それを理解できる心や頭の余裕があるかどうかも難しい問題です。

忙しい人間ほど判断が雑になりやすいのは難しい部分です。

軽症救急と重症救急の住み分けの問題もそうですが、「どういう時に医療機関を受診するのか?」という議論も大事になりそうです。

「対症療法薬が効くか効かないか」というのも、一つの社会的基準で正しいとは思いますが、対症療法薬の効果やプラセボ効果で一旦治った経験がかえって疾患理解モデルや症状をこじらせることもあり、難しいです。

多分、そういう疾患の理解の過程や心理のメカニズムの勉強をするのが、患者にも医師にも求められてくるんでしょうね。

つづきを読む

違反報告

医療と商業の吉向店

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

診断書を改ざんして、うその治療を行ったクリニックの逮捕者のニュースが出ました。 「それ、売れそう」の典型だと思います。 今後は逮捕者も増えるんじ...

診断書を改ざんして、うその治療を行ったクリニックの逮捕者のニュースが出ました。

「それ、売れそう」の典型だと思います。
今後は逮捕者も増えるんじゃないかと思います。
理由は医師以外の医療者も含めて誠実な1次診療マーケットの飽和と対策の遅れです。
(2次や3次の医療機関にも問題があります。)

そういう意味でも、混合診療の解禁や自由診療マーケットの拡張は仕方のない部分ではないかと思います。

先日、インフルエンザ治療薬の効きすぎの症状の話を耳にしました。
よりきめ細やかな診断治療に対し、お金や感謝などが発生しなければ、たぶんモラルハザードは悪化すると思います。

「悪貨は良貨を駆逐する」という言葉がありますが、目に見える健康被害が増えれば一般人や警察が動くインセンティブが発生して、抑止力が形成されるのではないかと思います。

もしも、性病と投薬以上の偽診療が横行すれば、殺人医療と言われてもおかしくなくなるでしょう。

医療は残念ながら不健康と言う、人のある一面での不幸が仕事になる難しさがあります。

人間の宿命で、全ての不正をただすことは不可能でしょうが、新たな組織やシステムの出現を誘導することは可能だと思います。

つづきを読む

違反報告

医療情報の真実と嘘に対抗するために

寺田次郎関西医大放射線科不名誉享受

バルサルタン捏造論文の理由の一つが「それ、売れそう」でした。 まあ、まともな医療って、あまり儲からないので、仕方ないんですよね。 良い薬は使用上...

バルサルタン捏造論文の理由の一つが「それ、売れそう」でした。
まあ、まともな医療って、あまり儲からないので、仕方ないんですよね。
良い薬は使用上の注意を良く守らないとかえって毒になります。

「医学はサイエンスに支えられたアートである」と言いますが、言い換えれば、政治経済にしばしば負けるものでもあります。
(医師目線としても、健康な生活を支える政治経済もそれ相応に大事です。)

実際、医療は健康な人にはそこまで必要ありませんし、市場の飽和ゆえに、見逃された不健康(ヘルスプロモーションや予防医学)や難病分野の開拓が進んでいるともいえます。

そういう意味でも、よろしくない情報源に警告を発するよりも、それなりに正しいと思われる情報を積み重ねて発信していくしかないのではないかと思います。

そうでないと、悪意はなくても、更新される最新医療情報との兼ね合いも難しくなります。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事