文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

医療・健康・介護のニュース・解説

進行期パーキンソン病の治療…小腸に薬注入効果安定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 パーキンソン病は、薬で治療を続けていると効果の表れ方が不安定になる。効き目が早く切れて体が動かなくなるウェアリングオフ、効き過ぎて手足がくねくねと勝手に動くジスキネジアが代表例だ。患者にとって大きな悩みの種だが、症状を改善する新たな治療法が出た。(赤津良太)  脳の神経細胞が極端に減少し、情報伝達を担う物質のドーパミンが減ることで、動作が緩慢になったり、手足の震えや筋肉の硬直が起きたりするのが、…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事