文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

前立腺がんでPSA上昇、どんな治療がいいか

 前立腺がんです。PSA(前立腺特異抗原)は3.7~4.9で推移し、半年前の生検の結果は2か所ともグリソンスコア6(比較的進行の遅い高分化の前立腺がん)で、がんの進行度を示すTMN分類ではT1(触診や画像では診断できない)なのでPSA監視療法となりました。今回、半年経過後の検査を行い、PSAは3.77、グリソンスコアは2か所のうち、1か所はスコア6でしたが、もう1か所がスコア7で中リスクとなり、PSA監視療法の範囲を超えたので、「全摘手術、放射線、ホルモン療法のいずれかを選択すべき」と言われました。3つの方法の中では、手術支援ロボット「ダヴィンチ」による全摘手術かと思いますが、現役で会社経営を行っていることもあり、尿障害と性機能を考えると躊躇ちゅうちょします。どうするべきか、ご指南ください。(67歳男性)

人生観や治療効果、副作用など考慮して選択を

 治療方法の選択肢が多い早期がんで発見されたことで、かえって悩まれていると思います。同様な患者さんは多くいらっしゃいます。がんの大きさや画像所見などがわかりませんが、ご自身の人生観にも大きく左右されると思います。確実にがん組織を取り除くことにおいては手術療法が最も有効であり、摘除標本でがんの大きさや悪性度を直接、評価できる利点もあります。放射線療法も治療技術が進歩しており、10年程度ではいずれの治療を選択しても生存率において差はないと考えます。副作用が心配なので治療を受けたくないという患者さんもいらっしゃるでしょう。そのような場合は、結果としてPSA監視療法を継続することになると思います。主治医の先生と今一度相談され、場合によってはセカンドオピニオンを受けることもお勧めします。(日本専門医機構協力)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。