文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松永正訓の小児医療~常識のウソ

コラム

ロタウイルス胃腸炎、流行はやむを得ない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 病院に勤務していた頃、深夜に自宅の電話のベルが鳴ることはしょっちゅうでした。その理由は、「これから緊急手術をおこないたいので手術に加わってほしい」という後輩医師からの依頼でした。緊急手術をおこなうということは、患者の病気に対する診断がすでについているということです。しかし私はかつて一度だけ、「患者の体の中で何が起こっているかわからないので来てほしい」と連絡を受けたことがあります。  病院の時間外…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsunaga_400-400

松永 正訓(まつなが・ただし)

 1961年、東京都生まれ。1987年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。日本小児外科学会・会長特別表彰(1991年)など受賞歴多数。2006年より、「松永クリニック小児科・小児外科」院長。

 『運命の子 トリソミー  短命という定めの男の子を授かった家族の物語』にて2013年、第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。著書に『小児がん外科医 君たちが教えてくれたこと』(中公文庫)、『子どもの危険な病気のサインがわかる本』(講談社)など。

 ブログは http://wallaby-clinic.asablo.jp/blog/

松永正訓の小児医療~常識のウソの一覧を見る

5件 のコメント

コメントを書く

小児救急の対症療法と精密な診断の橋渡し

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

症状と診断とどちらが大事なのかは、大人でも子供でも難しい所ですね。 致命傷な病名や病態さえ回避できれば、理解の煩雑さや管理の問題から経過観察や軽...

症状と診断とどちらが大事なのかは、大人でも子供でも難しい所ですね。
致命傷な病名や病態さえ回避できれば、理解の煩雑さや管理の問題から経過観察や軽微な対症療法が望ましいことはどこでもよくあります。

自分は元放射線科医なので、時々、精密すぎる癖があって、段階的な診断治療との兼ね合いを迷うことがあります。
何でも、精密に診断治療をしていると手間もコストも跳ね上がりますし、それは臨床的には正しくありません。
(僕はたまになりすまし医師対策に、フルパワー出しますけど)

緊急性がない場合、いくつかの疾患を想定して、対策をしてみて、改善がなければ、精密検査に行ってもらうやり方を健診や内科の代診でも使っています。

さて、CTやMRIの進歩もあって、試験開腹という技術は減りましたが、小児では被爆や鎮静の問題もあり困難で、この症例のように非典型例をどう扱うかは今後も課題になるでしょう。

小児科医の減少は社会問題ですが、こういう一般対応を多くの人が知ることで、一番大変な夜間救急の逼迫を軽減することができます。

つづきを読む

違反報告

手洗いを

松永正訓

初ママさん。 ワクチンを接種できなかった以上はネガティブに考えず、がんばって手洗いをしてください。まめに手を洗うというのは案外難しく、特に1歳の...

初ママさん。
ワクチンを接種できなかった以上はネガティブに考えず、がんばって手洗いをしてください。まめに手を洗うというのは案外難しく、特に1歳のお子さんの手洗いは大変です。しかしそこは妥協せずに一生懸命手を洗ってください。手洗いを十分におこなえば、ロタに感染するリスクは大きく減るはずです。がんばって!

つづきを読む

違反報告

ワクチンできなかった…

初ママ

子どもの1ヶ月検診のときにロタワクチンのことを小児科の看護師に聞いたところ、高いし、家族で相談してみて~と言われて終わりだった。 そんな程度のも...

子どもの1ヶ月検診のときにロタワクチンのことを小児科の看護師に聞いたところ、高いし、家族で相談してみて~と言われて終わりだった。

そんな程度のものなの?と思ったわたしは、その後ドクターに聞いたり、自分で調べることもせず気がついたときには接種可能時期を逃した…

もし戻れるならそのころに戻ってワクチンを子どもに打たせてあげたい。

現在1才の息子… 流行時期は人混みを避け、引きこもり状態で!?ロタにビクビク怯えながら過ごすことになりそう…

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事