文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

医療・健康・介護のニュース・解説

薬剤性肺障害…新薬の登場に伴い増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 薬の副作用で肺に障害が起きる「薬剤性肺障害」が増えている。近年はがんの薬物療法として、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬などの新薬が続々登場しており、これに伴う肺障害も生じている。(石塚人生)  どんな薬にも効果と副作用があるが、肺の場合、副作用で肺炎や出血、気道が狭くなる気管支ぜんそくなどが起きると、呼吸困難になり死亡することもあるので、特に注意が必要だ。  肺障害の原因になる薬は様々で、…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事