文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健やかキッズ

妊娠・育児・性の悩み

逆上がりの練習…「さらし」使い大人が補助

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
逆上がりの練習…「さらし」使い大人が補助

 逆上がりが苦手な子どもは多い。専門家は、後方に回転する感覚を身につけ、ポイントを押さえて練習することが大事と指摘する。保護者が補助するなどして、子どものやる気を引き出したい。

 東京都目黒区の体育館で11月上旬、運動教室が開かれた。小学1、2年生20人が参加し、補助器具付きの鉄棒を使って逆上がりを練習した。同区の1年生の女児(7)は「友だちはできるので、私も早くできるようになりたい」と練習に励んでいた。

 指導した、ミズノスポーツサービス(大阪市)の浦慶太さんは「逆上がりができないことから、運動への苦手意識を持つ子も多い」と話す。

 逆上がりを練習する時は、まず鉄棒の高さがへその辺りに来るものを選ぶ。親指を下にして鉄棒をしっかり握り、両足を前後に開く。あごを引き、へそを見るようにしながら、足を頭上に向けて勢い良く蹴り上げる。鉄棒から体が離れないように肘を曲げた状態で回転する。

 浦さんによると、うまくできない子には〈 〉腕が伸びている〈 〉へそと鉄棒が離れている〈 〉足が上がらない――といった特徴があるという。保護者はこうした点をチェックした上で、補助して後方に回転するコツを覚えさせるといい。

id=20161124-027-OYTEI50013,rev=3,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

 補助する際、さらしの活用を提案するのは、埼玉県志木市の元小学校長、佐竹博さん。同市は2004年以降、「逆上がりができるぞ教室」を開いており、佐竹さんは中心となって指導している。「逆上がりができない子の多くは、頭を後ろにして後方に回転することへの恐怖心がある。さらしで子どもの背中の辺りを支えることで、子どもは安心して回転することができます」と説明する。

 さらしを約2メートルの長さに切り、両端を30センチほど裂いて、それぞれを結ぶ。さらしの一方は、鉄棒に結びつけて固定する。体と鉄棒がくっつく位置に子どもを立たせ、さらしが腰に当たるようにする。もう一方の端を鉄棒に1回巻き付けてから、補助者が片方の手でしっかりと持つ。体重の重い子に使う場合は、さらしの真ん中にぞうきんなど厚手の布を縫いつけて、腰に当てると、体を支えやすい。

 補助者はもう片方の手を子どもの胸の前に出し、そこに向かって蹴り上げさせる。蹴り上げる瞬間、さらしをぎゅっと引き寄せ、蹴り上げたら少し緩める。こうすると体が鉄棒から離れず、自力で回れるという。

 「足がよく上がっている」「腕が縮んできたぞ」などと具体的にほめることも大事だ。フォームが間違っていないとわかり、早く上達するという。佐竹さんは「継続して練習すれば必ずできる。努力は裏切らないと、逆上がりを通して学んでほしい」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健やかキッズの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事