文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田村編集委員の「新・医療のことば」

ニュース・解説

「電子たばこ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

■「電子たばこ」はたばこにあらず

 「電子たばこ」の登場が世界のたばこ対策に波紋を投げかけています。一見、似たような商品でも、様々な種類があり、健康への影響はよくわかっていない面があります。さらにこれとは別に、タバコ葉を原料とする「加熱式たばこ」もあり、新しいたばこをめぐる状況を複雑にしています。

 厚生労働省が8月にまとめた喫煙と健康影響に関する報告書(通称「たばこ白書」)などによると、電子たばことは、溶液を電気で加熱して霧状にしたものを吸い込む商品を指します。溶液は食品添加物などに幅広く使われるグリコール類を主成分に香料などが加えられ、ニコチンを含むものと含まない商品があります。たばこ事業法は、葉タバコを原料とするものをたばこ製品と定義しており、これらの電子たばこは葉タバコを使っていないため、法律的には「たばこ」ではありません。

 電子たばこのうちニコチンを含むものは、医薬品医療機器等法の規制対象となります。国内で承認を受けたニコチン入り電子たばこはなく、国内で使用されているニコチン入りのものはインターネット等で個人輸入されたものと見られます。

 

■「禁煙」への効果は?

 世界保健機関(WHO)によると、電子たばこはアメリカを筆頭にイギリスや欧州などで近年使用が増え、2015年の売り上げは世界で約1兆円とのことです。たばこに比べれば有毒性は低いと見られるものの、何千種類もあるという溶液成分の健康影響や長期的な病気の発症など、現時点では研究は不十分とされています。

 安全性に加え、関心の焦点は、電子たばこが禁煙の推進に役立つのか、それとも、たばこ規制にとってむしろ障害となるのか、という点です。

 アメリカのある研究では、電子たばこ使用者の多くは喫煙者であり、使用理由で最も多かったのが禁煙や健康目的でした。様々な研究論文が発表されており、ニコチン入り電子たばことニコチンなし電子たばこで減煙への効果を比べたものもあります。日本で禁煙補助薬として認可されているニコチン製剤はガムとパッチだけですが、海外では口から吸うインヘラーと呼ばれるタイプがあり、これと電子たばこを比較した研究などもあります。ただ、様々な研究報告が出されつつありますが、現状ではまだ結論を出せるだけの信頼性の高い研究データは不十分で、今後の研究を待つという状況のようです。

 電子たばこは、むしろたばこ規制にとって障害になるのではという懸念も指摘されています。たとえば通常のたばこを続けつつ、禁煙スペースでは電子たばこを使うといった併用によって、すっぱり禁煙する意欲を妨げるといったことが考えられます。

■ENDSとENNDS

  ちなみに、電子たばこは、英語で「Electronic cigarettes」とか「E-cigarettes」と言いますが、WHOはこの呼び方をしません。ニコチン入りは、「Electronic nicotine delivery systems(ENDS)=電子ニコチン送達システム」、ニコチンを含まないものは、non-nicotineなので「ENNDS」と表記しています。WHOが電子たばこという用語を使わない理由について、たばこ白書では、「電子たばこはたばこ産業が意図して命名したもの」と言及しています。研究論文でも、「ENDS」が使われているものもあれば、「Electronic cigarettes」と書いているものもあり、まちまちです。

■加熱式は「たばこ製品」

 電子たばこをめぐる状況をさらに複雑にしているのは、タバコ葉を原料としながらも、燃やさずに、電気で加熱して吸入する新しいタイプのたばこ製品が登場していることです。これらは、いわゆる電子たばことは異なります。たばこ事業法に基づく「たばこ製品」であり、電気加熱式などと呼ばれています。当然、未成年の使用は禁じられています。ただネットなどでは、こういったたばこ製品も電子たばこと混同して表記されているケースを見かけることがあり、注意が必要です。

 2020年の東京オリンピックを控えて受動喫煙対策の充実が求められているなか、こういった新しい製品にどう対処するかという問題もあります。

 東北大学は今年9月、ホームページに「いわゆる『新しいタバコ』に対する東北大学病院の姿勢について」を掲載しました。それによると、「新しいタバコには(中略)多種多様の製品があり、それらの安全性が製品ごとに異なるため、外部から危険なものと安全な製品を見分けることはできません」「とくに若い世代に対して、新しいタバコが本格的な喫煙への入り口になることを重く受け止めたいと考えています」などとして、新しいたばこも含めて敷地内禁煙の対象とする旨の見識が表明されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tamura-400

田村 良彦(たむら・よしひこ)
1986年、早稲田大学政治経済学部卒、同年読売新聞東京本社入社。97年から編集局医療情報室(現・医療部)で医療報道に従事し連載「医療ルネサンス」「病院の実力」などを担当。2017年4月から編集委員。共著に「数字でみるニッポンの医療」(読売新聞医療情報部編、講談社現代新書)など。

田村編集委員の「新・医療のことば」の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

それは極論

たー

こーさんのその主張は思い込みによる主張であり論理的ではありません。 極論を言えば、酒に酔って暴れる人がいるから酒を禁止にすべきとか、 交通事故が...

こーさんのその主張は思い込みによる主張であり論理的ではありません。
極論を言えば、酒に酔って暴れる人がいるから酒を禁止にすべきとか、
交通事故が起こるから車に販売をやめろというのと変わりません。
まあ、ここまでずれてはいないと思いますが思い込みによる主張を通そうとするとそう言う反発も出るという事で。

つづきを読む

違反報告

煙草の販売は禁止にするべき

こー

液体加熱式の電子タバコは単純にフレーバーを楽しむ嗜好品として普及してるのが現状ではないでしょうか。新たに紙巻煙草に興味を持つきっかけには成り得な...

液体加熱式の電子タバコは単純にフレーバーを楽しむ嗜好品として普及してるのが現状ではないでしょうか。新たに紙巻煙草に興味を持つきっかけには成り得ない性質のものかと思います。私の知る限りでは、より上質の香りを楽しむ、蒸気をより多く発生させるといった嗜好のスタイルしか見受けられません。喫煙よりも喫茶に近い雰囲気のものです。コーヒー、紅茶を嗜むことから喫煙習慣に繋がるといった危惧はあるでしょうか?それはむしろ環境によるもの、喫煙可能な飲食店などで煙草の雰囲気に影響されること、仲間に喫煙者がいて影響を受けるといったケースが大半です。煙草がそんなに問題のある製品であるのなら、無関係な電子タバコを警戒する前に煙草の販売を禁止にすべきではないでしょうか。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事