文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

医療・健康・介護のコラム

世界一子供が幸せな国・オランダ その理由を探りに(妊娠編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ディック・ブルーナさんの街ユトレヒトで

ディック・ブルーナさんの街ユトレヒトで

 先週はオランダに出張していて、こちらのブログの更新をお休みさせていただきました。現地2泊という弾丸出張だったのですが、帰ると娘が飛びついて迎えてくれました。お土産に買ってきたディック・ブルーナの木製クリスマスの人形劇セットを喜んで遊んでくれています。

「2人目の壁」を越えるための視察

 今回オランダに行ってきたのは、2人目の子供が欲しいのに踏み切れないという「2人目の壁」を多くの人に越えてもらえるようにするための活動をしている一般財団法人「1more Baby応援団」の調査のためでした。他のメンバーは現地で10日間取材を行っていましたが、私が参加したのはその一部でした。

 オランダは国連児童基金(ユニセフ)で「世界一子供が幸せな国」に認定されたそうで、その理由を知るために日本からも多くの人が視察に行っているのだそうです。私は今回、大学病院と二つの助産院、親子参加型保育園と一般家庭に伺ってお話をお聞きしました。1more Baby応援団では、そのほかにも行政、企業、学校などを訪れています。

 訪問を通して、オランダは日本とは様々な面で異なっていることが分かりました。制度も人々の考え方も全然違い、「日本もオランダのようだったらなあ」と思う面と、日本の今のまま変える必要はないかなと思う面が両方あったのでご紹介していきたいと思います。今回は妊娠について、ユトレヒトのUniversity Medical Center のWilhelmina Children’s Hospitalを訪問し、産科と生殖医療の教授の方々にお聞きしたお話を書きたいと思います。

 オランダでは、不妊治療は年齢制限はありますが、治療費を公費でカバーしてもらえます。体外受精の平均はヨーロッパ全体の平均と同じく38歳で、日本と違い卵子提供が受けられるそうです(卵子提供は希望者が400人待ちとのことでした)。未受精卵の卵子凍結は、日本と同様に最近増えているそうですが、凍結卵が実際に使用される例はとても少ないそうで、これも日本と似た状況でした。

不妊治療の正しい情報、大学病院が発信

 先生方の話で興味深かったのは、オランダでも不妊治療の話題はなんとなくタブーで、困っている人が表立って話しやすい環境ではなかったそうです。そこで大学病院が必要とされる情報を宣伝し、風土を変えるように努力されたとのことでした(大学病院では医師の給与が一定のため、営利目的の情報が発信されないのだということを強くおっしゃっていました)。日本でも不妊治療について熱心に情報発信をされている専門家の方々がいらっしゃるので、少しずつオープンに話せるようになってきているように感じています。

 一方で、日本では「妊活」というと、食事で体質を改善したり、体を温めたり、ヨガで妊娠できるというような情報が書籍やインターネットで多く流れているため、必要な生殖医療にアクセスするタイミングが遅れてより高齢になるということが問題視されています。そのことについて話すと、オランダの先生方は驚かれていて、そのようなことはオランダではあまり聞かないとおっしゃっていました。こちらのブログでは度々健康に関わる不適切な情報がネットを中心に氾濫していることを問題視していますが、オランダは同じような状況ではないようで羨ましいと思いました。

 今回はオランダで取材した中で妊娠に関することを書かせていただきました。来週以降もオランダの取材報告をしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事