文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニャるほど!社会保障

ニュース・解説

介護って、お世話することなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

その人らしい生活を尊重

介護って、お世話することなの?

id=20161114-027-OYTEI50011,rev=2,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

介護って

お世話する

ことなの?

 施設やお年寄りの家で働く介護の仕事は、食事や入浴を手伝ったり、おむつを取り換えたりと、身の回りの世話というイメージがあるかもしれないね。でも、介護には、その人らしく生きられるように、生活全般を支える役割があるんだ。

 介護に携わる人の国家資格に「介護福祉士」がある。この資格は1987年、社会福祉士及び介護福祉士法の制定で誕生した。当時は、お年寄りや障害者など日常生活に支障がある人に、主に「入浴・排せつ・食事」といった身体的な介護を行うとされた。

 それが2000年に介護保険が始まったことで、考え方を大きく変えた。それまで高齢者福祉は行政がサービス内容を決めていたが、利用者がサービスを選べることになり、個人の自立的な生活が重視されるようになった。認知症の介護を含め、身体介護以外にも、様々な役割が求められるようになったんだ。

 そこで、同法が07年に改正され、介護福祉士の定義が見直された。入浴・排せつ・食事という表現が「心身の状況に応じた介護」と変わり、「尊厳の保持」「自立支援」「他のサービス関係者との連携」などが義務として明記された。

 たとえば、食事や入浴の介助をしながらでも、そのときのお年寄りの心や体の状態をよく観察し、生活上の課題やニーズを見つけ出す。

 尊厳というのは抽象的だけど、介護される人の生き方や信念を尊重することだ。その人らしい生活が維持できるよう、自分でできることはしてもらったり、ケアマネジャーらと協力して環境を整えたりすることも欠かせない。

 介護福祉士は近年、毎年約10万人ずつ増えており、今年9月時点で約150万人に上っている。働く介護職員のうち、介護福祉士の占める割合は4割程度だ。

 ただ、高齢化の進展で役割は増す一方、介護職全体のなり手はかなり不足している。仕事が大変な割に賃金が低いなどネガティブなイメージで語られがちだが、労働環境の整備とともに、その専門性を広く社会に知ってもらう必要があるね。(手嶋由梨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

PIP160404YTE050009000-000

ニャるほど!社会保障
 「猫ピッチャー」の作者、そにしけんじさんの話「社会保障は難しいイメージもありますが、実は身近で大切な問題。若い人も含めて、自分たちの生活を考えるきっかけにしてほしいです」

ニャるほど!社会保障の一覧を見る

最新記事