文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

堀江重郎教授のはつらつ男性専科

医療・健康・介護のコラム

ニキビの人は長生き?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 「ニキビは青春のシンボル」とよく言いますが、若いころにニキビに悩まされた、という方は結構多いと思います。ニキビの原因は、皮膚の皮脂腺に細菌が感染して炎症が起こると考えられていますが、「昔、ニキビがあった人は、しわや、皮膚が薄くなるといった、皮膚の老化現象が起こりにくい」、という面白い研究結果が最近、イギリスから発表されました。つまり「ニキビ」は皮膚のアンチエイジングというわけです。   細胞の老…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

horie_200

堀江重郎(ほりえ しげお)
順天堂大学大学院教授。泌尿器科医。1985年、東京大学医学部卒業。日米で医師免許を取得し、国立がんセンター中央病院などを経て、2012年より現職。男性更年期障害などを対象とするメンズヘルス外来にいち早く取り組み、男性をはつらつとさせる医学を研究する。ロボット支援手術ダ・ヴィンチのトップランナーとしても知られる。

堀江重郎教授のはつらつ男性専科の一覧を見る

最新記事