文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

2件 のコメント

コメントを書く

抗癌剤の開発

予備軍

<臨床第1相試験とは、毒性試験といって、副作用がどれくらいなのかを調べ、人間への至適投与量が決定される臨床試験です。>

素朴な疑問ですが、副作用の強いと思われる(つまり毒性の強いと思われる)抗癌剤でも、第1相試験は実施されるのでしょうか。
第1相試験は、健康なボランティアを使って実施される試験だと思います。欧米では、お金を払って低所得者層の健常なボランテイアを募集するそうですが、日本でも、大学等で募集を見かけることがあります。抗癌剤と分かっていてボランテイアをする人はあまりいないと思うのですが、実情はどうなんでしょうか。

もし、抗癌剤は例外的に第1相試験は実施しないで、最後の手段的に直接患者さんに投与されるとするなら、これまた、エビデンスの低い薬剤とのレッテルを貼られても仕方ないような気がします。

違反報告

免疫療法クリニックのビジネスモデルとは?

新城拓也

こういう記事を読むといつも思うのですが、医師自身が自由診療免疫療法クリニックを開業、作るわけではないのです。
1. ラボ、技術を含めた免疫療法クリニックに、医師が雇われる。
2. 開業医が、ラボ、技術を含めた免疫療法技術の提供に契約する。
の二つのパターンがあるのです。
つまり、免疫療法クリニックで働く医師、開業医は、標準療法を提供する医師とは全く違う動機と考えで働いています。
免疫療法に関わる医師を、どうやって経営側は取り込んでいるのか、どうやって心を奪い洗脳しているのか、どういうビジネスモデルなのかを探らなくてはなりません。
私も開業前にあちこちの自由診療免疫クリニックを見学させてもらい、実際どういうものなのか、治療としてだけでは無くビジネスモデルとして考えるところがありました。
こういう視点から書かれたものを読みたいです。正義との刀だけではこの問題は深まらないと考えています。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。