文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田代由紀子のアスリートレシピ

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット

鶏もも肉のトマト煮込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20161107_F

鶏もも肉で疲労回復&貧血予防

 料理のジャンルを問わず様々な料理で楽しめる鶏肉は身近な食材といえますが、部位によって含まれるエネルギー(カロリー)や栄養素が異なります。アスリートには高たんぱく低カロリーの鶏ささみが人気ですが、それ以外の部位にもそれぞれ特徴的な栄養素が含まれています。

 今回ご紹介するのは「鶏もも肉」。この部位は肉質がしっかりしていてコクがありうま味が豊富です。また、他の部位に比べビタミンB2、ビタミンB12、鉄を多く含んでいます。

 ビタミンB2は糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするときに重要な働きをします。スポーツでエネルギーを多く消費したときは、疲労回復のためにもビタミンB2が必要になります。

 ビタミンB12はヘモグロビンを作るのに必要なビタミンです。そして、もも肉にはそのヘモグロビンの成分となる鉄も含んでいるので貧血の予防に効果が期待できます。

 もも肉はカロリーが高いイメージがあり敬遠される方もいますが、脂の多い皮を除けば約半分のカロリーになりますし、皮目を弱火でしっかり焼き付けて余分な脂を落とせばカロリーダウンになります。

 ※鶏もも肉(若鳥100g) 皮つき204kcal、皮なし127kcal

  ささみ 105kcal

[ 作り方 ]

20161107_R

(1) 鶏もも肉を半分に切り、全体に塩を振り小麦をまぶして、皮目から焼き色が付くまで弱火で両面を焼く。

(2) タマネギは縦半分に切り、繊維を断ち切るように1cm幅に切る。マッシュルームは半分に切る。

(3) (1)のフライパンに出た余分な脂をふき取り(2)を加えていため、赤ワイン、ホールトマトを潰しながら加えて煮込み、塩で味を調える。

(4) 皿に盛り、刻みパセリをのせる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

プロフィール田代_100

田代由紀子(たしろ ゆきこ)

アスリートフードマイスター、野菜ソムリエ、正調理指導師
スポーツを楽しむための体作りに必要なメニューを提案。簡単、時短、料理が楽しくなるレシピ作りを心がけている。自治体、企業へのレシピ提供、料理教室講師も行う。料理教室「オレンジキッチン」主宰。
ホームページ:Orange Kitchen -cooking studio-(オレンジキッチン クッキングスタジオ)

chourishidou_logo

田代由紀子のアスリートレシピの一覧を見る

最新記事