文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

読売新聞社賞 西川知恵子さん 85歳(東京都昭島市)…第16回ニューエルダーシチズン大賞(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

車椅子生活50年、挑戦続く

読売新聞社賞 西川知恵子さん 85歳(東京都昭島市)…第16回ニューエルダーシチズン大賞(3)

「私の足でございますの」と車椅子から愛車に乗り移る西川さん

 ドアを開け、運転席に体を滑らせる。乗っていた車椅子を片手で持ち上げて助手席の後ろに置く。右手でハンドルを握り、左手でレバーを前後に動かしながら愛車を駆る。「これがあればどこへだって行けますのよ」と話す。

 3人目の子どもを出産した35歳の時、脊髄腫瘍に侵され、下半身が動かなくなった。以来、車椅子生活を続ける。上半身の筋肉運動を日々欠かさず、車椅子から運転席、ベッド、トイレ、風呂場への移動を一人でこなす。

 生活の自立を目指し、さまざまなスポーツに挑戦。日本身体障害者水泳選手権の25メートル背泳ぎで優勝し、2001年に「車いすダンス昭島」を結成した。小中高校や老人ホーム、地域の行事でダンスを披露している。

 西川さんの踊りに魅せられ、車椅子ダンスの世界に入った人もいる。特別支援学校に通う女の子は踊りで自信をつけ、一人でバスに乗れるようになった。脳出血で右半身まひと言語障害が残った男性は明るさを取り戻した。

 国内屈指の製糸会社を営む家に生まれた。従業員を大切にする会社で、「世のため、人のために役立つ人間たれ」と教育された。車椅子生活に加え、夫の事業の失敗と離婚という辛酸をなめながらも、家訓を胸に再起。60歳の時、結婚のため中退した大学に入り直し、自らハンドルを握る車で、往復4時間かけて休まず通学。大学院へ進み、シェークスピア研究に力を入れた。

 英語を滑らかに話し、地域活動にも積極的に参加する。推薦者の岩崎久美子さん(75)は「ドレスや装飾品は手作りでいつも美しい装い。憧れの存在」と話す。(山口正雄)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事