文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

視覚障害が引き起こす…精神、心理への二次障害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
視覚障害が引き起こす…精神、心理への二次障害

  前回 に続き新潟で開催された日本ロービジョン学会に出席して感じたことを、書きましょう。

 新潟県視覚障害支援センターのリハビリを推進する会の山田幸男氏の「視覚障害者家族の抱えた精神・心理的問題」という発表には、私も普段から気になっている事柄がいくつか含まれていました。

 この発表は、障害者家族に焦点を合わせたものですが、障害者自身の精神心理問題というのは非常に大きい問題にもかかわらず、社会でも、学会でもほとんど意に介されません。

 視覚障害の場合には、その方の視覚の不自由さに加えて、しばしば二次的に抑うつ、不安、不眠、焦燥(あせる気持ち)や絶望感にさいなまれます。にもかかわらず、二次障害については、たとえば障害者としての等級としてはまったく考慮されません。それに準ずる形で評価される生命保険や障害年金、あるいはいろいろな福祉介護サービスにおいても問題としてほとんど取り上げられません。

 本来的な「うつ病」はそれなりの社会的支援が受けられますが、視覚障害というハンディキャップの上にうつ症状が強く出てきて仕事や勉学ができなくなる状態になっても、つまり視覚と精神の二重の障害があっても、決して2倍の支援や補償が受けられるわけではないことに、私は不合理を感じてしまいます。

 また、治療においては、眼科医は視覚障害の直接的原因には関心を示しても、二次障害に思いを致すことは少なく、どうしたらよいかの対応方法も学んでいません。

 「それなら」と、精神神経科や心療内科を訪れたとしても、もともとの原因が「視覚」ですから関心は薄く、適切な対応がなされないのが現状です。

 もうひとつ、山田氏の発表で「われわれも見落としているな」と改めて感じたのが、支援に当たる家族の大変さであり、精神・心理的負担の問題です。障害者本人に対するアンケート調査では、自分と同等以上に大変なのは支援する家族であるという回答が80%を超えていたことです。

 このように、視覚障害という一次障害はもとより、二次障害は障害者個人に存在するだけではありません。にもかかわらず、こうした患者自身や、支援する家族の二次障害に対する認識の遅れが、医療界にも、福祉行政にも厳然と存在すると思われます。

 もっといえば、これは多分、日本の社会環境や社会資源のあり方の問題でしょう。

視覚異常に限らず、どんな疾患にもつきものの大問題ですから、国を挙げて二次障害への認識を高め、どう支援すべきか議論を進める必要があると思います。(井上眼科病院名誉院長 若倉雅登)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任し、15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人---心療眼科医が本音で伝える患者学」、「健康は眼に聞け」「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「目の異常、そのとき」(人間と歴史社)、医療小説「茅花流しの診療所」(同)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半には講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事