文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニャるほど!社会保障

yomiDr.記事アーカイブ

高齢者って何歳から?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

国際的には65歳以上

 

国際的には65歳以上

id=20161017-027-OYTEI50017,rev=5,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

高齢者って

何歳から?

 高齢者っていうと、まず、「白髪のおじいさんやおばあさん」が思い浮かぶんじゃないかな? 中には、「孫がいる人」とか、「退職した人」なんていう人もいるかもしれないね。

 どういう人を高齢者と呼ぶかは、歴史や文化、社会情勢によって異なるため、統一の基準が定められているわけではないんだ。国際的には、国連が1956年に出した報告書で、「65歳以上」として以降、現在もこの年齢とするのが主流になっているようだ。

 国内でも、人口に関する統計や調査では、国連の基準に沿う場合が多い。総務省が先月、敬老の日に合わせて発表した推計でも65歳以上を高齢者としている。推計では高齢者人口は3461万人で、総人口に占める割合は27・3%。ともに過去最高となった。

 介護保険が使えるのは、原則65歳からで、厚生年金の受給開始年齢も、65歳までの引き上げが進められている。一方、医療保険では、70歳になると、原則、自己負担が3割から2割に下がる。高年齢者雇用安定法では、定年を60歳以上にするよう決めているなど、線引きの年齢が異なる場合もあるんだ。

 戦前には、50歳に届かなかった日本人の平均寿命も、医療の発展などにより、男性80・79歳、女性87・05歳(2015年)まで延びた。心身も若返っていて、知力や体力、健康状態を比較すると、現代の高齢者は、10~20年前よりも5~10歳くらい若いとする研究結果が、日本老年学会で発表されている。

 年を取っても若々しい人が増え、人々の意識も変化している。厚生労働省の調査(16年)では、「あなた自身は、何歳から高齢者になると思うか」という質問に対し、「70歳以上」と答えた人が41・1%で最も多く、「65歳以上」は、20・2%だった。

 それでも、人生の最後の10年ほどは、大半の人が医療や介護が必要になる。元気で自立して暮らせる期間を示す「健康寿命」をできるだけ延ばすためにも、高齢者が体を動かして活躍できる場を増やさなくてはいけないね。(飯田祐子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

PIP160404YTE050009000-000

ニャるほど!社会保障
 「猫ピッチャー」の作者、そにしけんじさんの話「社会保障は難しいイメージもありますが、実は身近で大切な問題。若い人も含めて、自分たちの生活を考えるきっかけにしてほしいです」

ニャるほど!社会保障の一覧を見る

最新記事