文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」

yomiDr.記事アーカイブ

長命の退屈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。

 予防医学研究者の石川です。 

 つい最近のことなのですが、私のような若手研究者が集められ、「50年後の未来を考えよ」というお題のもと自由にディスカッションする機会がありました。その際に参考図書として与えられたのが、今からおよそ60年前に書かれた「21世紀への階段―40年後の日本の科学技術―」(弘文堂)という本です(この本は2013年に復刻され、現在も入手できます)。

 ちなみにこの本の監修委員長は、後に総理大臣となる中曽根康弘さんです。「日本列島改造論」や「所得倍増計画」はあまりにも有名ですが、この「21世紀への階段」もそれに比肩する構想だと思いました。イメージをつかんでもらうために、第1部の目次だけ記しておくと、次のようになっています。

 

第1章 原子力時代は花ざかり

第2章 人間の代用品量産に入る

第3章 長命の退屈―21世紀の医学―

第4章 台風と地震の制御

第5章 都市と農村の握手

第6章 性と眠りのコントロール

 

予言された「暇はないけど退屈な未来」

退屈

 改めて言うまでもなく、当時は「原子力」と「オートメーション」が期待される科学技術の2本柱だったので、最初の2章はそれらについて書かれています。それはそれとして、特に私が興味を持ったのは、第3章の「長命の退屈」です。少しだけ引用すると、次のようなことが書かれています。

 “……現在20歳の青年男女たちは、平均して2020年(80歳ごろ)まで生きられることがおわかりだろう。なかには、「そんなに生きていては退屈でしようがない。」とこぼす方もあるかもしれない。長命の退屈というぜいたくな愚痴が待っているのだ“

 ここで注意しておかないといけないのが、「暇」と「退屈」の違いです。「暇」はあくまで客観的な時間の余裕を指すのに対し、「退屈」は主観的な飽きを指します。

 スマホなどの登場により、ちょっとしたすき間時間もテクノロジーが埋めてくれる時代になりました。そのような意味で、「暇」があると感じられる現代人は少ないでしょう。しかし、これほど長く生きるようになり、かつ日々の生活に窮することも少なくなった結果として、テレビなどを見ていても「なんとなく退屈」と感じる人が増えているのではないしょうか。

 そのような意味で、現代人の特徴は「暇はないけど退屈している」人になるだろうと哲学者たちはかなり昔から鋭く指摘してきました。

 参考文献:「暇と退屈の倫理学」(國分功一郎、朝日出版社、2011年)

 今回は特に結論が出る話ではないのですが、もし長命の退屈というのが現実にあるのだとすれば、それをどのように捉え、対策を練っていけばよいのか、ぜひみなさまのお知恵をお借りできるとありがたいです。

 それではまた次回!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

予防医学研究者・石川善樹の『続けたくなる健康法』_顔120px

石川善樹(いしかわ よしき)

 予防医学研究者・医学博士。(株)Campus for H共同創業者。1981年 広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学にて博士(医学)取得。「人がより良く生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と共同研究を行う。専門分野は予防医学、行動科学、機械創造学、マーケティング等。

 著書に「疲れない脳をつくる生活習慣」(プレジデント社)など。最新刊「ノーリバウンド・ダイエット」(なとみみわさんとの共著、法研)が2017年1月19日に発売。

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事