文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

疲れとれぬ…秋バテ注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

寒暖差や気圧の変化 体調崩しやすく

疲れとれぬ…秋バテ注意

「台風が来ると五十肩が悪化する」という男性(左)の話を聞く熊切さん。秋バテの症状の一つだという(横浜市内で)

 過ごしやすい季節になったはずなのに、疲れがとれない、食欲が出ないなどと体調不良を訴える人が増えている。最近は「秋バテ」と呼ばれており、高齢世代は特に注意が必要だ。

 横浜市の 鍼灸しんきゅう 院「土井治療院」には、秋になると「疲れがとれない」「だるい」と訴える人が多く来院する。肩やひざ、股関節の痛みを訴える人も少なくない。

 同市の男性(58)は「昼寝をしないと疲れがとれない」「持病の五十肩がますます痛む」と表情をゆがめる。同院の鍼灸師、熊切愛香さんは「秋バテの症状の一つ。高齢者や女性に多い」と話す。

 「秋バテ」は、まだ聞き慣れない言葉だが、東京有明医療大教授の内科医、川嶋 あきら さんによると、秋特有の気候が引き起こす症状だという。

 まず影響するのは気温の変化だ。秋は昼夜の寒暖差が大きく、体温を調節する自律神経のバランスを崩しやすくなる。十分な睡眠がとれず、体力の低下につながりやすい。

 気圧の変化も人間の体に影響する。台風や秋雨前線で低気圧になると、空気中の酸素濃度が少し低い状態になる。すると、体を休ませようと副交感神経の働きが活発になる。ぜんそくなどの人はアレルギー症状が出やすくなるという。川嶋さんは「体力のない人ほど影響を受けやすく、高齢者は要注意」と話す。

 過ごしやすくなって、活動的になりすぎてしまうのも秋バテの落とし穴だ。夏の間の疲れを残したまま激しい運動をしたり、食べ過ぎたりすると体に負担をかける。

 秋バテは、日頃の心がけで、ある程度予防できる。川嶋さんら医師や管理栄養士などで作る「ウーマンウェルネス研究会」は秋バテ予防の啓発活動をしている。

 電車やバスなどでは立つよう心がけ、エスカレーターではなく階段を使うなど適度な運動で筋肉を落とさないようにする。ただし、体力を消耗する激しい運動は控える。

 入浴は、ぬるめの湯にゆっくりつかると、リラックスし深い眠りにつくことができる。食べ物は胃に優しいものを。ニンジンやサトイモなどの根菜類は体を温めてくれる。腹巻きやスカーフなどで体を冷やさない工夫も有効だ。

 「秋バテを放置すると、大きな病気にもつながりかねません」と川嶋さんは注意を促す。秋ならではの楽しみを満喫し、冬に備えるためにも、今一度日々の暮らしを振り返りたい。

  ■秋バテ対策は日常生活の見直しから

  〈1〉軽い負荷で体力不足を解消

  電車やバスの車内では立つ

  エスカレーターではなく階段を使う

  〈2〉自律神経のバランスを保つ

  ゆっくりとぬるめの湯で入浴

  就寝前のスマートフォンやパソコンの使用は控える

  〈3〉食事に気を配る

  体を冷やす食べ物は避ける

  よくかんで食べる

  〈4〉体を冷やさない

  腹巻きやひざ掛けなどで体温調整

  エアコンは夏場の設定のままにしない

 (川嶋さんの話などを基に作成)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事