文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

泌尿器科医・小堀善友の新オトコのコト

妊娠・育児・性の悩み

精巣の痛み、半分は「原因不明」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 泌尿器科医として診察をする中で、とても困ることがあります。「タマが痛いのに、原因がよくわからない」という男性の患者さんが結構いることです。

 米国の統計では、泌尿器科を受診する患者の2.5%がタマの痛みを訴えて受診するとのことです。そのうち、なんと50%は原因が不明なのです。こうした患者の治療に対してガイドラインがないため、医師としては非常に悩ましい状況なのです。

抗生物質…あまり効果がない

 精巣の痛みが起こる原因には、主に、以下があります。

精巣の痛み、半分は「原因不明」

 また、精巣とは別の部位に原因がある関連痛として、以下が挙げられます。

id=20161004-027-OYTEI50012,rev=2,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true

 上記のような原因が見つかれば、適切な治療により痛みは軽快します。

 ただし、冒頭で伝えたように、半数の患者さんにはこのような原因が見つからず、原因が不明なのです。

 原因不明の精巣痛の患者さんの多くは、痛み止めや抗生物質が投与されますが、あまり効果がない場合が多いようです。そればかりか、慢性的な抗生物質の使用は、抗生物質が効きづらい耐性菌を作る原因となり、あまり好ましくありません。

4つの改善策

id=20161004-027-OYTEI50013,rev=2,headline=false,link=false,float=right,lineFeed=true

 米国泌尿器科学会では、原因不明のケースでの精巣の痛みを改善させるため、以下の方法が推奨されていました。

1.抗てんかん薬の投与

 ある種の抗てんかん薬について、痛みを改善させるのに補助的に働くことがわかっています。

2.理学療法

 骨盤内の臓器を支える筋肉(骨盤底筋)に痛みのトリガー(押すと痛む圧痛点)がある場合、理学療法が効果的です。具体的には、体操やヨガ、マッサージなどが、効果があるようです。

3.神経ブロック

 痛みの神経が通る精索に向けて局所麻酔を投与します。すると、痛みが伝わる回路が遮断されて、一時的ではなく、長期間にわたって痛みを改善させる効果があるとされています。痛みの範囲が広い場合は、麻酔科(ペインクリニック)に治療を依頼することもあります。

4.顕微鏡を用いた除神経術

 精索を通る神経を手術で切断して、痛みを取り除く方法です。動脈やリンパ管を温存する必要があるため、細部までよく確認できる顕微鏡手術が必要となります。

 原因不明のタマの痛みには、様々な治療が必要となる場合があります。他にも、 (はり) 治療などが勧められていました。米国の学会で、東洋学的な診療である鍼治療が紹介されて、私はびっくりしました。ただ、米国のペインクリニックでは東洋医学的な治療法は導入されているので、珍しいことではないようです。

 タマの痛みで悩まれている方は、いきなりペインクリニックに行く前に、まずは一度、泌尿器科で診察を受けることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shinkobori_300

小堀善友(こぼり・よしとも)

泌尿器科医 埼玉県生まれ

2001年金沢大学医学部卒、09年より獨協医科大学越谷病院泌尿器科勤務。14年9月から16年3月まで米国イリノイ大学シカゴ校に招請研究員として留学。専門分野は男性不妊症、勃起・射精障害、性感染症。ホームページは「Dr.小堀の男の妊活ガイド」。略歴の詳細はこちら

主な著書に『泌尿器科医が教えるオトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)。

泌尿器科医・小堀善友の新オトコのコトの一覧を見る

最新記事