文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

国立がんセンターとJT、受動喫煙リスク巡り批判応酬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 他人のたばこの煙を吸う受動喫煙が肺がんの発症に及ぼす影響を巡り、国立がん研究センターは、同センターの研究を疑問視する日本たばこ産業(JT)に異例の反論を行い、害を軽視する姿勢を批判した。

 同センターは8月31日、受動喫煙で日本人の肺がんリスクは1・3倍に増えるとする研究結果を発表した。JTは同日付でホームページ(HP)に「科学的に説得力のある形で結論づけられていない」とするコメントを社長名で発表した。

 これに対し、同センターは9月28日、「科学的アプローチに十分な理解がなされておらず、結果として受動喫煙の害を軽く考える結論に至っている」とする見解をHPに掲載した。JTのコメントを6項目に分けて一つ一つ反論し、「たばこの煙にさらされることは、人々の健康に危害を与えることで、迷惑や気配りの問題ではない」と批判した。

 同センターの反論について、JTは読売新聞の取材に対し、「私たちの見解に対し、科学的に問題があると指摘するものではなく、見解の相違に過ぎない。私たちの意見は変わらない」とコメントした。

 国立がん研究センター「受動喫煙と肺がんに関するJTコメントへの見解」
 http://www.ncc.go.jp/jp/information/20160928.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事